Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2005 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2005/06/05
「ハイエナは嫌い」

といいつつ、リムリムはぼくが『KOF MI』のデモを飛ばそうとすると怒る。
ハイエナさまはデモシーンにしか登場しないので、ご尊顔を拝すチャンスを潰されると腹立たしいのだろう。
きょうもリムリムは、この、

あかはな

ハイエナさまの愉快な前髪を見てくすくす笑っていたが、別の角度からのカットを見て、実はハイエナさまが後ろ髪を三つ編みにして垂らしていらっしゃるという事実に気づき、ネムネムを巻き込んでさらに爆笑していた。
前髪がヘンなリーゼントで後ろ髪が三つ編み。
確か某超有名恋愛SLGの第2弾だかに、両サイドのこめかみから髪を長く垂らし、それを顎の下で結んで小人用のブランコみたいにしていた女の子が出ていたような気がするが、現実の女性の観点から見ると、やはりゲームやアニメに登場するキャラのヘアスタイルというのは、まだまだキテレツなものであるらしい。

そのリムリム、先日、ガン検診を翌日にひかえていたぼくに向かって、
「うれうれがもしホントにガンだったらさぁ」
と、深刻そうな表情で切り出した。
「うん」
これはひょっとして、「ガンだったらやだなー」とか続くのかと思ったぼくは、かちゃかちゃの手を休めてリムリムを振り返った。
しかしリムリムは、「普段は気が強いけど素顔は純でやさしい少女」であって欲しいというぼくの淡い期待を見事に裏切り、
「もしガンとかだったら入院するよね? そしたら、これから誰がゴハン用意してくれるの?」
などと、すこぶる非情で現実的なことをいうではないか。
おおお……! この娘は、ぼくの健康よりも自分の日々の食事のほうが心配だとでもいうつもりか!? 毎日誰に飯を食わせてもらっているのか、これ以上ないくらいにはっきりと自覚した上でのこの問題発言!
紳士たるべく日頃から精神修養を忘れないぼくも、さすがにコレにはキレ気味になった。
なので、
「そうだな。もしオレがホントにガンだったら、オレは田舎に戻って親元で療養するぜ。ネムネムは手に職のある自立した女だからひとりでやってけるだろうが、しかしおまえはダメだな。都会を離れて田舎のおばあちゃんの世話にでもなるしかねえだろう。いうなれば一家離散てヤツだ。へっへっへ」
と、目いっぱい憎々しげにいったら泣き出した。
まっこと、年頃の娘はあつかいづらいことよ。

ちなみに、ガン検診の結果は次の土曜日頃に届くと思う。