Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2005 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2005/07/01
きょうは某社打ち上げ。

……の話はひとまずさておき、以前このブログでも触れた徳間ノベルズEdgeシリーズの公式サイト〈エッジ王立図書館〉だが、気づいたらすでにオープンしていた。

実はぼくは、「徳間? 徳間といったらエロエロバイオレンスだろう。おそらくEdgeというのもそういう作品の集まるレーベルに違いない」と勝手に思い込み、『メフィストの魔弾』という作品を書いたのだが、このページを見た瞬間、自分の想像が気持ちいいくらいに間違っていたのではないかという気分にそこはかとなく襲われた。
なので、このサイトでEdgeレーベルの方向性を探り、次の執筆のための参考にしてみることにする。

どういう意図があるのか不明だが、このサイトのメインページは、〈エッジ王立図書館〉とおぼしき建造物を斜め上から見下ろした絵になっていて、それぞれの部屋に各種コンテンツへのリンクが張ってある作りになっている。
なんだかマップ上を移動しながらイベントを進めていくギャルゲーみたいだ。
ちなみにトップページ左上には、

新刊情報や刊行予定、Edgeなニュースなど、楽しめるコンテンツ盛りだくさんです。いろんな部屋をクリックして下さいね。

とある。
それじゃあいっちょう片っ端から部屋をクリックしてやるかと意気込んでみたが……。

……ん?
妙だな。どの部屋にも鍵がかかっているぞ?

どういうことだ、これは!? どこが盛りだくさんなんだ!?
創刊からふた月もたつのに工事中のコンテンツばかりで本当にいいのか?
というかこのサイト、デザイン的にそもそもまずくはあるまいか?

ふつうこの手のサイトというのは、トップページにその時点での最新ラインナップがドン! と目立つように置かれているべきものだろうに、この王立図書館とやらにはそれがない。
今は工事中ばかりなのであまり関係ないが、どこをクリックすると何のコンテンツに飛ぶのかヒジョーに判りにくい上に、ポインタにひっついてくるエッジ子(勝手に命名)がデカくて邪魔!
もしこれがRPGとかだったら、「マップは綺麗だけどユーザビリティ最低」とか評価されるに違いない*
イラスト自体は悪くないのに……。

「この店イタリアンなのにヒューガルテンがある! 飲んでいいですか?」
「どうぞどうぞ」
ありがとうございます、ドグマ書店(仮名)のN氏&S女史。
楽しい打ち上げの席なので、公式サイトに関してぼくがどう思っているかなんてデリケートな話はしないでおきます。
結局こうして書いてますが。

別に自分の本が今まさに新刊だからといってこういうことをいうのではないが、しかしやはり、トップページから一発で新刊情報に移動できないというのはいささか問題だと思う。

それはそうと、このエッジ子(仮名)のイラストを描いている人は、ファミ通のえんため大賞のイラスト部門で何か賞もらった人のような気がする。



*あくまで2005年7月当時のハナシである。