Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2005 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2005/10/04
ぎくり。

「ねえ、うれうれ。リムリムって誰?
唐突なリムリムのその問いに、ぼくは軽く噴きそうになった。

当たり前のことをいうようだが、ここではうれうれで通しているぼくの本名は、もちろんうれうれではない(嬉野秋彦でもないが)。
そして、それと同じように、ここでリムリムだのネムネムだのいっている彼女たちの本名も、リムリム&ネムネムではない。そんな名前の日本人がいたら、ぜひお目にかかりたいものである。
そして――ここがわりと重要なのだが――リムリムは、このブログに、自分がリムリムという名前で登場しているということを知らないのだ。

クラスの誰くんのことが好きらしいとか。
急激に目が悪くなってメガネっ娘になったとか。
ネムネムとたびたび壮絶なケンカをするとか。
『KOF』の登場キャラの中ではハイエナが好きだとか。
はたまたムカつくタイミングでちょくちょく風邪をひきやがるとか――。

そんな自分のプライベートなことを、こと細かに全世界へ向けて発信されているということを、リムリムはいまだに知らないのである。
いや、知らないはずだ。ぼくはこの「ウレシノクロニクル」を――特にブログのページを――彼女の前で見たことがないんだから。

にもかかわらず、上記の発言である。
ぼくは内心の動揺をうまい具合に包み隠したまま、リムリムに尋ねた。
「何かね、それは? 中国から新しくパンダでも来るのかな?」
「じゃなくて。……なんかネムネムがね、インターネットでヘンなページ見てて、そこにリムリムがどうのネムネムがどうのって書いてあって、ちょっとデジャヴュな感じのセリフとかがちらっと見えたんだよね」
あのアマ……! どうやら、ネムネムが不用意にリムリムの前で「ウレクロ」を見ていたらしい。ネムネムはぼくのブログでの発言をすべて了承しているから読むのはいいとしても、よりによってリムリムにソーシャルハックされるとは何たることか!

だが、さしあたってこの場をごまかさねばなるまい。
「それはまあ……きっとアレじゃないかな? リムリムというのはきっとリムルルのことだよ」
「リムルル?」
「きみは知らないだろうが、そういうゲームキャラがいてね。おそらくネムネムとはタムタムのことに違いない。どちらもきみの大好きなハイエナと同じ、SNKのキャラなんだが」
「別にわたし、ハイエナ好きじゃないんだけど」
「いや、それはともかく、リムルルとタムタムだね、それは。うん」
「でもさあ、何だか聞き覚えのある会話とかが――」
「ええい! つまらんことをいっていないでさっさと寝たまえ!」
病み上がりだということを理由に、その場はそこで強引に話を打ち切ったぼくだったが、その時のリムリムの様子を見ていると、まだ納得していないみたいだった。

うむう……。
本格的にリムリムにバレる前に、このブログの書き込みをすべて消去して、代わりにリムルルとタムタムの二次創作小説でもアップしておくべきだろうか?