Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2005 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
ウレユサ日記10 2005/12/17
パソコンが完全に死んだようだ。

という景気の悪い話には背を向けることにする。
きのうお伝えしたように、きょうは新宿でF氏と打ち合わせをしてきた。普段はSNKの大阪本社で作業をしているF氏だが、今回は完成したばかりのオープニングムービーを忘年会用の特別ロングバージョンに編集するために上京してきたとのこと。
来週はまた忘年会当日に、ファルコン号に8時間も揺られて上京してくるわけだから、まったくもって頭が下がる。ひとりでちゃっかり飛行機で上京予定の抹茶ユサにも、F氏のこの負担を少しは分けてやりたいものだ。

で、肝心の打ち合わせ。
忘年会でのトークショーに関しては、
「ちゃんとした打ち合わせは当日の控室でしましょう」
という打ち合わせをした。
打ち合わせになってないような気もするが、本当である。
考えてみれば、トークショウではファンのみなさんが「ネオフリ」にメールで投稿した質問をもとにしゃべることになっているので、その集計が終わらないかぎり、具体的な打ち合わせには入れないのだ。おそらくそのへんのことを仕切ってくれているのはコスプレ課長のK/氏だと思うのだが、せめて答えやすい質問をチョイスしてくれることを祈るばかりである。

とはいえ、トークショウに関する話など、実際には全体の3分の1もしなかった。
待ち合わせ場所の新宿駅南口前に、『鉄拳5』について熱く語っている一団がいたため、そういう人種があまりいないであろう(=話を聞かれても特に問題なさそうな人しかいない)喫茶店に移動し、世間話もそこそこに『Mi』の話がスタート。
『Mi:2』のα版に関する話は当然したし、『Mi』シリーズの今後の展開や、続編に登場させるキャラのチョイスについても話し合った。
参戦キャラクターのチョイスについてはいつも悩まされる。
過去のタイトルに登場したキャラクターを出すのか、それともオリジナルキャラクターをあらたに作るべきなのか。
懐かしのキャラクターを出すにしても、ファンが本当にそのキャラを望んでいるのかどうか見きわめるのは、実はとても難しい問題だ。声の大きい一部のファンの意見を取り入れても、それが実際にはほとんど使われないキャラになってしまってはあまりに不憫だし、ファンの裏をかきすぎて「誰だっけ、コイツ?」などという嬉しくないサプライズになってもまずかろう。
すでにいるキャラクターとの兼ね合いやファンの期待度、さらには現実的な開発のしやすさなどを考えて、少しずつかためていくしかないのかもしれない。
とかいいながら、ぼくはすでに「このキャラは続編に出る」という前提で、一部のデモや演出を作り始めているわけだが。

結局、一般人ばかりの喫茶店の片隅で、一般人お断りの濃すぎるこふ話を3時間以上もかましてしまった。あれだけいろいろ話したのならそれを何かに生かせばいいものを、ぼくもF氏もメモひとつ取っていないあたりが、何というか、単なるこふファンのダベりのようで、まあ、面白かったからまあいいかという次第。

とりあえずトークショウでは、F氏がぼくに話を振ったら、ぼくが「ハァハァハァ……ああぁ」とテキトーに相槌を打ってごまかすことになりそうだ。