Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2005 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2005/12/27
たいへんなことを忘れていた。

例の忘年会が開催されたのは22日。12月22日といえば、そう、『ネオジオバトルコロシアム』の発売日である。
にもかかわらず、ぼくの手もとには『バトコロ』がない。
当日は忘年会があるのでどうせ買っても遊ぶヒマがない+ひょっとしたら会場で「嬉野さん、これおみやげです」といってソフトをタダでもらえるのでは、と思っていたために、アマゾンで入れていた予約をキャンセルしてしまってそれっきりにしていたのである。
結局、忘年会でぼくが持ち帰ってきたのは、美しく輝く今年一番の思い出と今年一番のお疲れだけで、おそらく参加者のみなさんのほうがよほどいろいろお持ち帰りになられたのではないか。

ということで、急遽『バトコロ』を買ってみる。やはりこういうものは自腹で買わねばならぬのである。
まず真っ先にいじるのは風魔小太郎! そしてサイバー・ウー! 何の関連性もないふたりだが、フウマはもともと『ワーヒー』でのぼくの持ちキャラだったし、サイバー・ウーは後学のために(?)遊んでみたいと以前から思っていたのだ。

……あれ?
いわれてるほどロード時間は長くないぞ?
デバッグプレステは通常のソフトを起動するとロードがバカみたいに長くなるようなので(実際、『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』だと普通に分単位の読み込みになる)、待ち時間の間にムックで技のチェックでもできるかと思ったのだが、意外にできない。『サムスピ零』のほうがストレスを感じるくらいだ。
よし、さっそく試合開始だオラァ! このフウマさまについてきやがれ、ポンコツ! オラオラオラオラ!

……あれ?
何かおかしい。
何かがおかしいというより、ボス獅子王の性能がおかしい。
これはアレか、獅子王以外のボスに当たるように途中で調整できないぼくが悪いということなのか?
確かにぼくは、このゲームをゲーセンでほとんどやっていないズブズブの素人だが、体力4分の1の相手に瞬殺されるというのはいかがなものか。

まあ、ぼくの反射神経やら運動能力やらのおとろえはさて置き、いまさらこういういうのも何だが、やはりアナザーダブルアサルトの種類が少なすぎると思う。
主人公であるユウキとアイや、京庵、テリロク、リョウロバあたりはまあいいとしても、覇王丸&幻十郎や楓&守矢、ハゾフマにADAがあるなら、たとえば秦兄弟にもあったっていいのではないか? アスラ&色や老人タッグにもそれっぽい技が欲しいと思うのがファン心理ではないか?

というか、タッグバトルであることを強調したいのであれば、『KOF』のチーム制のように、すべてのキャラに最初からデフォルトのパートナーを設定しておいて、デフォのタッグすべてにADAを用意すべきだったのではないだろうか。キャラチョイスとの兼ね合いのせいか、そのあたりが徹底していなくて、ぼくにはどうもそれが中途半端に見えてしまう。
K’がいるのにマキシマもクーラも不在なのはファンとしては残念だし、オロチチームからシェルミーだけが登場しているのも今ひとつ解せない。サイバー・ウーやキサラあたりには、同タイトルからの参戦キャラがいないからタッグを組みにくいのかもしれないが、タイトルの枠を超えて組ませたとしても、それなりに納得できるのならアリなのではないか。たとえば舞とナコルルは、ネオジオ黎明期をささえた2大ヒロインとして、充分にタッグとして成立しそうな気がする。実際、違和感がないから見落としそうだが、リョウロバがすでに枠を超えているわけだし。

各タイトルの中でのストーリーや、ネオジオというハードの歴史を踏まえた上で、それを見たファンが喜べるような演出を盛り込んだADAをこそ、この移植版には追加してほしかった。PS2版『サムライスピリッツ天下一剣客伝』のあまりに膨大すぎる追加要素を知ったあとだと、特にそう思えてならない。
すでに40キャラいるところに、完全にオリジナルのキャラをあらたに投入してくれとは贅沢すぎる希望だが(それでもファンはそれを望んでいると思う)、もっとこう……アーケード版で遊んでくれたファンの声を汲むというか、そういうサービスが欲しかった気がする。
いや、家でタッグモードで遊ぶぶんには普通に面白いけどね。

できれば、溝口とザジィとルーミとフェルナンデスとピエール・モンタリオ(え?)の出てくる続編を……!