Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2006 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2006/07/13
さあ、戦いだ!

ケーブルテレビの番組表を眺めていたら、青文字の番組名が目に入った。

番組表

うおっ!? これはもしや、初代『トランスフォーマー』か?
初代『TF』というと、もう20年以上も前の作品になるだろうか。だが、どう考えても、のちのち日本主導で作られた『TF』シリーズよりも“正しい”トランスフォーマーだった。

トランスフォーマーたちは、ふたつ以上の形態を臨機応変に使い分けつつ戦うからトランスフォーマーであるはずなのだが、東映や葦プロ製作の作品になると、そのトランスフォームが完全に「通常時⇔戦闘時」の切り替えにしか使われなくなってしまった。
一回ロボに変形したら敵をやっつけるまでそのまんま。状況に応じて変形することなどほとんどなくなってしまうのが非常に残念だった。
まあ、毎回シチュエーションの異なる戦闘シーンに合わせてワンアンドオンリーの変形シーンを作画するよりは、バンクフィルムとして使えるものをひとつ作って毎回使いまわすほうが経済的だし、作画時間の短縮にもつながるとは思うのだが……。

ということで、ぼくは初代&映画版が好きだ。

「そういえばわたし、子供の頃に司令官て呼ばれてたんだよね」
何の脈絡もなくリムリムがいう。
「――いっしょに遊んでた子が、その『トランスフォーマー』っていうのが好きだったんだって。だからごっこ遊びによくつき合わされてたんだ」
「ほう。『TF』といってもいろいろと種類があるし、総司令官も星の数ほどいるが、いったいどれだったのかね? スターセイバーかね? ゴッドジンライかね? まさかファイアーコンボイということはなかろうが――そうそう、ファイアーコンボイといえば、きみの好きな『Mi:2』のテリーと声が同じなんだよ。橋本さとしと竹本英史が競演してるなんて、『MOW』と『Mi』を除けばあれだけだったんじゃないかなあ。そういえば一時期の『TF』シリーズには、なぜかモンスター前塚が声優として参加していたこともあったっけねえ。こっちはいかにもチョイ・ボンゲっぽい小悪党で――」
「いや、そういうマニアックなハナシとかはぜんぜん知らないんだけどさ」
昔を懐かしむオッサンの呟きをぶったぎり、リムリムはいった。
「――どういう番組を観てたのかは知らないけど、とにかく司令官ていうくらいだから偉いんだよね、わたし」
「別に偉くもなんともない。要するにコドモのごっこ遊びの中の話だろう?」
「だからぁ、それでもみんなより偉いポジションにいたってことでしょ? みんなから見たら、わたしは偉い人ってイメージだったんだよね」
「どうだろう、かならずしも偉いかどうかは判らんよ。サイバトロンの歴代司令官の中には、ロディマスコンボイのような今イチ情けない司令官もいたからな。こいつがまた異様な老け顔で――」
「そんな司令官イヤだぁ」

イヤというより、れっきとした女の子がトランスフォーマーごっこで司令官役に任命される時点でおかしいとは思わないのだろうか? たとえばポケモンごっこで女の子であるにもかかわらずニドキング役にされるようなものだと思うのだが、どうもこの少女はそのへんのことを疑問に思ったりはしないらしい。
おそらく彼女の押しの強さが、当時リムリムの周りにいた幼子たちには、異様なリーダーシップを持つ総司令官役にぴったりだと思えたのだろう。

「あ、今思い出した。そういやいっしょに遊んでたAくんはね、確か……ち、チー、チー何とかって役をやってたかな?」
「もしかして……チータス?」
「あ! そう、そうだったかも! チーターとかチートスとか、そんな感じの名前だった」
「そうか……きみが配された司令官役が具体的に誰だったか何となく判ったよ」
「えっ? 何? どういうの? カッコいい? エラい?」
「声は間違いなくカッコいいよ。子安武人だからね。――まあ、見た目については受け取り方に個人差があると思うが」
「その司令官、何に変形するの?」
ぼくはその問いに答えなかった。

チータスといえば、『TF』シリーズの中でもちょっと変化球的な『ビーストウォーズ』のキャラで、その名の通りチーター型のトランスフォーマーなのだが、その頃の司令官といえばコンボイである。
……まあ、名前はコンボイでも、姿はゴリラなのだが。

要するに、幼い頃のリムリムは、周りの子供たちからボスザルとして見られていたということだろうか?