Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2007 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/04/11
それほど深刻な話題なのか。

ふとネムネムが、
「あのさー、『三国志』の中で、平穏無事に天寿をまっとうした有名武将っている?」
などと尋ねてきた。それも、「折入って聞きたいんだけど……」みたいな調子で。
そんなことを聞いていったい何の意味があるのかとも思ったが、別にもったいつけるようなことでもないので、
劉禅じゃね?」
と答えておいた。
確か孫権もかなり長生きしていたように記憶しているが、平穏無事というにはほど遠い生涯だったろうし、跡継ぎ問題で晩節を汚したようなところもある。
しかしその点、劉禅はひたすら最初から最後までのんびりした贅沢三昧の人生だったのではないか。あのボンクラの人生で一番の山場は、たぶん、趙雲にかかえられて曹操軍のただなかを突っ切ったあと、劉備に投げ捨てられたあの時に終わっていたのだと思う。

――というようなことを説明していたのに、すでにネムネムの興味は別のところに移っていたようで、
「馬超って、名前からしてもうおかしいわよね。おまけにあの青々としたヒゲ
そりゃあ確かに、人形劇の馬超は劇中随一の青ヒゲくんだがね。

で、結局、平穏無事に天寿をまっとうした武将についてぼくに尋ねた理由って何だったの?