Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/11/18
次の仕事にかかるまでの小休止。

ネムネムに頼まれて、こういう店に買い物に行ったのだが、これは男にとって一種の羞恥プレイではないのか。

そのネムネム、『真・三國無双』シリーズでは夏侯惇が好きだとつねづねいっているのだが(次点は許褚)、よくよく考えてみると、ぼくはネムネムが三国志系の小説やマンガを読んでいるのを見たことがない。たまに人形劇を観ていることもあるが、あれにはほとんど夏侯惇は出てこない。

では、いったい彼女は何がきっかけで夏侯惇ファンになったのか?
『燃えよ剣』を読んで土方のファンになったとか、『天の華地の風』で魏延ファンになったとか、人があるキャラのファンになるには、何かしらの創作物との出会いが必要だと思うのだが、ネムネムにはそうしたものがない。何しろ子供の頃に『三国志』を読んだ時には、曹魏は悪役だから嫌いだと思っていたというのである。
それでは何が彼女を魏の宿将のファンにしたのか。

「ああ、『ぼくトンちゃん』よ」
「え?」
「だから、『ぼくトンちゃん』てマンガがあるでしょ? あのマンガに出てくるトンちゃんが好きだから、惇兄ィが好きになったの」

意外ッ!
それはいましろたかしッ!

ちなみに、ネムネムは自分のブログでは夏候惇と書いているが、正しくは夏侯惇である。

惇ではなく夏惇である。