Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2007 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
『reA』日記12 2007/12/26
ねりゃーっ!

「『'96』の小説のタイトルにあのBGMの曲名が使われたのは、作曲した立場の人間としてはとても嬉しい」
という話を、きのう、当時のサウンドスタッフのおひとりから聞いた。
ぼくも嬉しい。

ということとは直接関係はないのだが、例の特設サイトでまたあらたなサイドストーリーが公開されていた。
『カサブランカ』というタイトルで判るかたもいらっしゃるかもしれないが、これは東京ゲームショウ2006のSNKブースにておこなわれた『Mi:2』生アフレコのエピソードを、短編として書き起こしたものである。
生アフレコというのは否応なくイベント限定のもので、それがひとつのウリでもあったわけだが、アフレコによるものはともかくとして、ストーリー的なものに関しては、会場に来られなかった人でも読めるような形で残しておきたいとつねづね思っていたのである(ソワレ役の服巻さんもそんなことをおっしゃっていたな)。

ということで、基本的なストーリーラインは生アフレコバージョンとほぼ同じだが、各キャラのセリフ以外の文章が追加されているぶんだけ、結果として情報量は増えた。
ことに、アフレコ時にはほとんど説明がなかったシャーリィについて、名字がコールマンであること、アンを連れてサウスタウンへ流れてきたというアルバたちと似た境遇であることなどが明かされており、フェイトやチャンスと並んで、彼女がアルバたちにとっていかに大きな存在だったかということが判る。
なお、本文中では書かれていないが、シャーリィが切り盛りしているバーの名前は「カサブランカ」であり、シャーリィの死後は無口な大男のデュードが仕切っている。今も昔も、〈サンズ・オブ・フェイト〉のメンバーたちの溜まり場である。