Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2009 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2009/04/18
うーん。

すでに半月以上も前の話題をいまさらという気もするのだが、先月末で、新宿のTHEATER/TOPSが閉館してしまった。今となっては最初が何だったか思い出せないのだが、たぶん、ぼくがお芝居を観るようになってから最初に足を運ぶようになった小劇場(?)がここだったような気がする。

何となく、芝居というと「下北沢!」というイメージがあるのだけれど、実際、ぼくはさほど下北沢に観劇に行ったことはなくて(皆無ではない)、むしろ新宿近辺で観ることが多かった。THEATER/TOPSのほか、紀伊国屋ホール、サザンシアター、スペース・ゼロ、シアター・サンモール、グローブ座といった大小の劇場があって、今より若くて機動力があった頃は、昼公演→夜公演と複数の劇場のハシゴをしたこともあった。

そんな中でも、THEATER/TOPSは本当に小さな、雑居ビルの何階だかにあるような劇場で、近くにはゲーセンや紀伊国屋もあって、開園までの時間を潰すのにもいろいろと便利だった。
ここでぼくが最初に観たのは何のお芝居だったのか。高田聖子&中島かずきの「月影十番勝負」か、でなければ「泪目銀座」ではなかったかと思う。あるいは「惑星ピスタチオ」か。そのへんのものをあそこの客席で見た記憶はあるのだが、演目が何だったかまでは思い出せない。
まだ10年ちょい前のことなのだが、当時のことを思い返すと、何だかちょっとブルーになる。

……で。
今も残っているチラシやパンフレットをひっくり返して曖昧な記憶と突き合わせてみたところ、どうやらぼくがあそこで最初に観たのは、やはり「月影十番勝負」の第参番、ラサール石井演出の『河童 Kappa』という舞台だった。たぶん、高田聖子と川原和久(『相棒』で「特命係のか〜め〜や〜ま〜」っていう人)が目当てだったのだろう、おそらく。