Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2009 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2009/09/21
ハシゴ。

休日なので、少し遅めのランチを食べに西荻窪の「ヴィレッジヴァンガードダイナー」へ。また少しメニューが変わっていて哀しい……。

その後、さらにお茶を飲むために「常淡茶舎」という台湾茶のお店へ。ここは住宅街の一角にあるとても静かなお店で、ぱっと見た感じは皿の回らないお寿司屋さんのような造り。要するにカウンターが10席くらいしかないカチっと小さくまとまったお店である。
ぼくはもともと中国茶が好きで、台湾のお茶もよく飲むほうなのだが、ここにはあまり日本では名前を聞いたことのない銘柄もあり、何度も通ってみたいと思うお店だった。絶対に騒げないし、静かに長時間本を読みながらお茶を飲む、といった使い方にかぎられるとは思うが。

そのお店で、ご亭主がほかのお客さんと話していたのが、日本と台湾(中国?)のカフェ(=茶館)の違い。
日本人はあまり家ではいいお茶を飲まずにカフェに行って飲むが、あちらの人はいいお茶は買って帰って自宅で飲む。
ならば茶館には何の意味があるのかという話になるのだが、ここのご亭主がいうには、あれはお茶を飲むために行くのではなく、その場所を借りるためにお茶を飲んでいるのだそうだ。つまり、誰かと会っておしゃべりをするための場所を、お茶代を払って借りているという感覚である、と。そもそもああいうところのお茶はたいしてうまくもない、みたいなことすらいっていたような気がする。

いや、ぼくの聞き間違いだったらご亭主に申し訳ないので、すべてぼくが勝手にそう考えているということにしておくか。