Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< November 2010 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2010/11/30
バルサ! バルサ! バ〜ルサ!

きょうはバルサvsレアルのエル・クラシコ。
興味のない人にはさっぱりワケが判らないと思うが、要するに、スペインサッカーでいうところの伝統の巨人阪神戦みたいなものである。
以前ベッカムとかジダンとかがいたレアル・マドリードと、現在メッシが所属しているFCバルセロナの2チームは、スペインリーグでも屈指の強豪で、民族的なあれやこれやもあって、日本人にはちょっと理解しがたいくらいのライバル関係にある。実際には、日本の巨人阪神戦よりもはるかに殺伐とした空気になるらしい。
そもそもサッカーは野球と違って、1シーズンで同じチームと戦う機会はホーム&アウェイの2試合しかないので、当然、このクラシコと呼ばれる試合も1シーズンに2回しかない。だから余計に選手もサポーターも気合が入るのである。

で、これが日本時間の早朝5時からキックオフなので、その時間に起きてドライトマトやチーズや生ハムなんかを用意し、テレビ観戦の準備をするぼく。
スペインリーグでぼくが一番肩入れしているのは、ビルバオというちょっと弱いチームなのだが、クラシコにかぎっていえば、世界各国のエース級の選手を金にものをいわせて引っ張ってくるレアルよりも、ジュニアチームなどの下部組織でじっくり育ててきた生え抜きの選手たちを中心にチーム作りをしているバルサのほうが、個人的には好ましいと感じている。それに、バルサにはネム公が好きな永遠のサッカー小僧メッシと、ぼくが好きなプジョル(というオッサンディフェンダー)がいるし、レアルの監督のビッグマウスがあまり好きではないのである。

ということで、バルサを応援することにしたぼくとネム公。世界中が注目するこの一戦の下馬評は、おおむねほぼ互角だろうといわれていたのだが、実際に始まってみたら、開始10分でバルサが先制。その後も一方的にバルサがレアルを攻め立てて、終わってみれば5-0の大差がついていた。
「こうなったらいいな」とバルサファンの誰もが思っていたが、実際にそうなることはないだろうとも思っていた予想外の展開。ぼくとネム公も、早朝だということを忘れて拍手喝采。

自分で考えていた以上に、ぼくらはレアルが好きではなかったらしい。
エジルとかカシージャスとか、応援したい選手はいるんだが……。