Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2011 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2011/04/07
長い。そしてどうでもいい。

『戦争妖精』アップ目前で、プライベートのほうのあれこれに時間を食うことになった。
でまあ、それに関連することで、この前の地震でいろいろと崩れ落ちてきたっきり放置してあったプリンタ周りをプチおかたづけしていたら、大量のCD-RWが出てきた。どれも表面に「MI2 yy/mm/dd」と書いてあるので、『MI2』開発中に送られてきたα版なのだろう。あと、イベントパートのボイスデータが全部入ったヤツとか。
でも、これってもしかすると、すべて返却しなければならないものなのではないだろうか。ディスクはともかく、チェック用に借りているデバステ2は、明らかに会社の備品のはずなのだが……。
まあ、いまさらプレステ2でゲーム開発なんてしないだろうし、とっくに減価償却もすんでるよなあ。

それにしても、SNKとのつき合いも本当に長くなったものである。
たぶん最初の接点は、作家デビューの直後くらいだったと思う。今は亡き新声社の『コミックゲーメスト』で、コミック版『餓狼SP』の原作ストーリーを読者から広く公募するという企画があり、ぼくもそれに応募したのである。
結果、ぼくは2作残った最終選考で落とされた。
のちにぼくはこの応募作が縁で新声社から呼ばれ、時代の徒花ゲーメストZ文庫の立ち上げにかかわることになるわけだが、その際、社員の人に聞いたところによると、どちらの候補作を残したらいいか迷った『コミゲ』編集部は、どのみちチェックを通さなければいけないからということで、最終的な判断をSNKに丸投げしたらしい。
あの当時は、「どうして俺のが選ばれないんだよ! 俺はこんなにファンなのに!」なんてことを感じないでもなかったが、冷静に考えてみたら、ふつうはアレは選ばないだろうな。
当時のぼくがいったいどんな原作を応募し、そしてSNKに蹴られたかは続きからどうぞ。歯止めの利かないSNKオタクの妄想話だから長いよ。本当に長い。興味のない人はクリックしてはいけない。
ちなみに、この時選ばれて実際にコミック版の原作を務めたのは、『HEROMAN』のコミックを描いている太田多門さんだそうだ。
続きを読む >>