Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2011 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2011/04/23
雨の下北沢。

つい数日前、慌ててチケットを押さえたwat mayhemの『桃天紅』の公演に、リム坊といっしょに行ってきた。場所は下北沢、本多劇場。リム坊は下北の劇場は初めてのはずだが、ぼくは何度も訪れている。
『桃天紅』というのは中島らもが17年前に書いた芝居で、当時はリリパットアーミーがザ・スズナリで上演したという。17年前といえばアレだ、ぼくが作家としてデビューする直前の、大学4年をもう1回やることが確定してブルーになっていた頃である。
ぼくがちょくちょくお芝居を観にいくようになったのは、それから2年くらいたってからのことで、要するに、初演の時の『桃天紅』は観ていない。ぼくが最初に観たリリパットのお芝居は、たぶん『天外綺譚』で、確かコング桑田さんや小市慢太郎さん、及川直紀さんなんかが目当てだったのだろう。それに、リリパは中華風の活劇をよくやっていたので、そのへんもぼくの趣味と合っていたのだと思う。

で、17年ぶりという『桃天紅』。もとリリパの山内さん(SNK的には八角泰山の人、というより刹那か)の個人ユニットとしての再演だが、コング桑田さんも出演なさっていて、相変わらずの太くて渋い声にニヤニヤが止まらない。リム坊的には、テニミュ出身の役者さんを生で観られたのでご満悦だったらしい。
深いテーマとか重厚なストーリーとか、そんな面倒なこととはまったく無縁の、とにかく2時間、笑いっぱなしのとても楽しいお芝居だった。

>嬉野先生のお好きな茶葉は?
いろいろ飲みますが、紅茶でいえばダージリン、烏龍茶でいえば四季春や東方美人ですかね。日本茶はあまり飲まないですが、買ってまで飲むのはもちろん嬉野茶です。