Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2011 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2011/05/29
ぶら〜うぐら〜なべ〜ん♪

戦前の予想通りというべきか、それ以上というべきか、今季のチャンピオンズリーグはバルセロナが優勝。ホーム&アウェイ方式だった準決勝までと違って、決勝は一発勝負、おまけにロンドンのウェンブリースタジアムということで、ほとんどホーム同然のマンUにも充分にチャンスはあったように思えたのだが、実際にフタを開けてみたら、バルサが終始圧倒する展開だった。

まあ、2年前に同じ組み合わせで戦って、その時にもバルサがマンUを圧倒したということを考えれば、こうなるのも当然だったのかもしれない。バルサはこの2年でより熟成した感があるが、マンUは熟成したというより年を取ったといったほうがいい。たぶんスタメンの平均年齢は圧倒的にマンUのほうが高いだろう。
もちろん、マンUにもチチャリートのような若いストライカーが新加入したが、この2年の間に放出したC・ロナウドとくらべると、さすがに1枚落ちる。
全体的に見て、マンUのほうがバルサよりすぐれているといえるのは、GKを含めたディフェンス陣くらいだと思う。それも、たまたまリーグ終盤あたりからバルサのディフェンス陣に故障者や病人が続出したからというだけのことで、それがなければすべてにおいてバルサが上だったかもしれない。

誰かがテレビでいっていたが、バルサをいかに封じるかを考えなければ、CLでは勝てないかもしれない。アーセナル的なパスサッカーとか、マドリー的なカウンターサッカーとか、ブラックプール的な攻撃一辺倒サッカーとか(笑)、サッカーのスタイルにはいろいろとあるけれど、今のところ、バルセロナ的なサッカーをできるのはバルサだけで、そして、それを崩す有効な手段を持っているクラブは、世界中捜してもどこにもないらしいからである。

個人的には、今季のポルトを率いていたビラス・ボアスがプレミアのビッグクラブを指揮してチーム作りをしてくれたら、何となくバルサに対抗できるんじゃないかという気はしている。
あの人、モウリーニョから毒素を抜いていい人にした感じだし。