Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2011 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
ポケモン暴走日記 2011/07/14
ポケモン。

きょうは映画公開直前ということで、2時間枠を取って去年の映画をテレビ放送。まあ、ラストはばっさりカットだったが、DVDを持っている人間にはどうでもよろしい(それをいい出したらテレビで観る必要もないわけだが)。
で、こうしてあらためて観ていると、映画版でのロケット団のあつかいがヒドいというか、空気っぽいというか、とにかくどうでもいいポジションに落ち着いているのが困る。
もちろん、映画版には映画版の悪役が登場するので、どうしてもそっちとの対立が軸になってしまうから、悪役としてのロケット団の出番が減るのは仕方ないと思うのだが、たとえば『ルギア』の時は、身体を張ってサトシたちを助けるような見せ場があったし、『セレビィ』の時は、悪役がロケット団の上級幹部でムサシがその野望に巻き込まれてピンチにおちいり、コジロウとニャースがそれを救うために奮闘するというドラマがあった。
要するに、ほかに悪役がいたとしても、ちゃんとロケット団をドラマに絡めていくことは可能なのである。
ところが近年の映画では、そもそもロケット団が同じ街にいることにすらサトシたちが気づかないというケースすらある。
テレビのほうは、もう無理矢理ロケット団を使うことをやめていて、ムサコジニャースの出ない回も珍しくなくなっているのだから、劇場版でも、この程度のあつかいならハナから出さないほうがいいような気もする。
まあ、いなきゃいないでさびしいわけだが。

それはそうと、コーダイはどう見てもガブリアスの擬人化(あの前髪のカラーリングが)。