Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2011 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2011/10/05
さすがに書くのが疲れてきた……。

ここまでのあらすじを追っていて気づいた人もいるかもしれないが、この作品、主人公であるはずの九郎さまはあまり積極的には動かない。よって、出番も見せ場もそう多くない。
火焔剣を持って果し合いに向かったのは左源太に頼まれたからだし、それを江戸に届けるのも左源太に自分の死を家族に伝えてくれと頼まれたから。忠房卿の屋敷に乗り込むのも向こうから呼び出されたから。状況的にそうしなきゃならない流れだからそうした、ということばかりで、九郎さまがみずから積極的に動いたのなんて、左源太の窮地に割り込んできた冒頭のシーンくらいなのである。

そんな成り行き任せの九郎さま、最後はどうするのか?
もうつき合いきれないというかたは読まなくてよろしい。
続きを読む >>