Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2012 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2012/05/02
おおう。

明け方、サッカーを観ながらつぶやいていたら、むか〜し某ゲームの仕事でごいっしょしたかたとtwitter上で再会。
まあ、こっちは開発のお手伝い、あちらは広報と、フィールドが違ったのでそんなに接点はなかったのだが、開発先までいっしょにてくてく歩きながらおしゃべりしたことを今でも思い出す。

ということとはまったく無関係に、今季のプレミアリーグもいよいよ大詰め。最後の最後までもつれ合ってくれたほうが観ているほうとしては消化試合がなくて嬉しいわけだが、今季はプレミアがまさにそう。ドイツやスペインは2節残して決まっちゃったしな。
特に今季のプレミアは、マンチェスター勢による優勝争い+ガナーズ、スパーズ、ニューカッスル、チェルシーによるCL枠争い+降格争いと、最後までどう転ぶかはっきりしないしのぎ合いがまだ3つも残っている。

マンチェスターダービーではシティがユナイテッドを下して勝ち点で並び、得失点差で首位を奪還。今季のマンCはとにかく得点力がすごかったから、それがここに来て効いている。
この2チームのどちらかが優勝なのはすでに確定しているが、3位以下の順位はまだまだ確定していない。現在のプレミアリーグは、1〜3位までのクラブにチャンピオンズリーグ本戦への出場権があたえられ、4位にはCL予選への出場権、5位にはヨーロッパリーグへの出場権があたえられることになっているわけだが、もちろん一番いいのは予選なしでのCL出場(4位でもCLに出られるが、まず予選を勝ち上がらなくてはいけないため、今度は試合数がめちゃくちゃ増えて不利になる)。1、2位はマンC、マンUが取ることは決まっているので、それ以外のクラブが目指すのも、必然的に3位の椅子ということになる。
ぼくが応援しているスパーズは現在4位。すぐ上のガナーズとの直接対決がもう終わっているため、自力での3位フィニッシュはない。今はガナーズがコケるのを祈りつつ、とにかく勝ち続けて3位を狙うしかない状況なのだが、それは5位のニューカッスル、6位チェルシーにしても状況は同じで、ほぼ団子状態のこの4チームがさ3位をめぐって熾烈な争いを続けている。
さらに下位の3チームが無条件で2部に落ちる降格争いでも、すでに降格が決定しているのは1チーム。要するに、欲しくないのこり2つの椅子をめぐる優勝争い以上の激闘がそこにはあるのである。
ちなみに、今のところプレミアで唯一活躍している日本人選手の宮市くんが所属するボルトンも、この降格争いの渦中にある。
できれば生き延びてほしいものである。