Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2013 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2013/12/01
ふう。

毎年、12月になると、手帳を来年のものに切り替える。ぼくはいつも「ほぼ日手帳」を使っているのだが、具体的にいうと、手帳に書き留めた仕事用のネタとか、仕事とはまったく関係ないポケモンの育成メモとかマップとかを、翌年の新しい手帳に転記する、もしくはコピーして貼りつける。
その作業を、毎年の12月1日にすることにしているのである。

で、毎年思うのは、1年あれこれ考えても、実際には使わない、使えないネタというのがすごいあるなということと、結局また今年もゲンガーの育成しなかったなということである。
まあ、ゲンガーについては、最新作でメガシンカというあらたな武器を手にしてしまったので、また一から考え直さなければならないのでどうでもいいのだが、小説のネタに関しては、思いついたものを使えないというのは非常に心苦しい。もったいない。
特に今年は、うっかり『ハルマゲドンバスターズ』というか、『シャイニングウィザード』のネタを思いついてしまった。でも、コバルトで何年も前に完結させた退魔モノのネタなんぞ、いまさらどこでどういう形で世に出したらいいか判らず、悶々としているのである。
ぽちぽちとテキストを打って、ごくごくふつうにブログにアップするという手もないわけではないのだが、正直ブログの形式では、改行のこと、禁則のこと、ルビのことなど、どうやっても満足のいく形では出せない。多少でも現実味があるとすれば、今だとKindle形式でやっちゃうのがお手軽なのかもしれないが、それだと逆に、あれもこれもやりてえ、となってきてしまう。具体的にぶっちゃければ、『プライマルストライカー』の完結編とか、『メフィスト』の完結編とか、『ストレイウルフ』の完結編とか。
……全部完結編だな。それだけハナシは決まってるのに途中で切らざるをえなかった作品が多いということで、つまりは作家としてのぼくの実力不足を露呈するだけのことなのだが、とにかく、何らかの形で発表することが可能だということは、完結していない作品を完結させられる、ということと同意義なため、結局はすべてに手をつけずにおくのが無難なのかもしれない。

そんなこんなで、来年のぼくの手帳には、『ストレイウルフ』の最終巻の展開と、『ハルマゲ』の新作のネタが並んでいる。