Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
<< February 2014 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2014/02/11
『キョウリュウジャー』。

ここ3週間ほど録り溜めていた『キョウリュウジャー』の、ラスト3回分をリム坊とともに一気に観る。
結果、リム坊が号泣。「終わらないで〜、どうして終わっちゃうの〜! せっかくキングとアミィちゃんがくっついたのに〜!」などなど、40すぎのオッサン大友とはまた違う視点で観ていたのだということを再確認。
「きみがこのまま終わらないでといいたくなる気持ちは判るが、それは最終回ならではの盛り上がりがあるからだよ。……ドクター真木もいっていただろう? 物語に必要なのは、よき終わりなのだと」
と、ぼくが作家視点であれこれ論じてみたが、ぜんぜん聞いちゃいねえ。
「……それと、これは何度もいっているがね、アミィちゃんより弥生ちゃんだろ?」
と、ぼくがオッサン視点で主張してみたが、「は! ありえねえし!」と切って捨てられた。スタート当初は赤×黒なんていう腐女子目線で観ていやがったくせに、いつの間にか王道ノマカプに落ち着きやがって……!

それにしても、シリーズボスをロボットを使わずにリーダーひとりで倒してのけるというのは、過去の戦隊を振り返ってみても初めてではなかろうか。地球の歌(=主題歌)の力ってスゲー!

そのあと、同じように録り溜めてあった『凱武』を観ようとしたところ、リム坊は鼻をすすりながら、
「わてくし、今は感無量で検尿ライダーなんか観る気分じゃなくってよ!」
と叫んで部屋にこもってしまった。たぶん、話の通じる友人相手に最終回の感想でも垂れ流しにいったのだろう。
ちなみに彼女がいう検尿ライダーというのは、ゲネシスドライバーにSクラスロックシードのエネルギー(?)を注入するシーンをいったものらしい。
……まあ、股間のタンクにじゅる〜っと夕張メロン色の液体が貯まっていくさまは、確かにそういう作業を連想させなくもないが……。