Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
LatestEntry
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2015/11/08
いいね……。

きのうからずっと『ティガ』をやっていて、ヒマがある時にはついつ観てしまって、結局最終回まで観てしまった。ぼくがティガだ、わたしがティガよ! というラストの演出は今観てもこっちが小っ恥ずかしくなってくるわけだが、それは別として、やはり『ウルトラ』シリーズには『ライダー』シリーズや戦隊シリーズにはない、独特の作劇パターンのようなものがあって、それが今観てもいい。
こういうことをいう時にすぐに取り沙汰されるのが、メトロン星人と卓袱台をはさんで話し込むダン、みたいなシュールなシーンだろうが、そのほかにも、現実と虚構の境界を曖昧にさせる(謎の怪人が円谷英二に会いに過去へ飛ぶような)作品とか、平成ライダーではまずありえない、バラエティに富んだエピソードが多い。
これは、平成ライダーが1年を通して長いストーリーを描く形式で作られているのに対し、平成以降の『ウルトラ』シリーズは、最終回に向けての核となるストーリーもあるにはあるが、比率でいえばそれ以外のエピソードのほうがより多いためだろう。要するに『ライダー』シリーズは、物語の核心を描くストーリーが中心で、それらの合間に独立したエピソードを入れてくるが、『ウルトラ』シリーズはその逆で、独立したエピソード群の中に定期的にメインとなるストーリーを入れ込んでくる。どちらの手法がいいかといわれれば、一長一短あるとしかいいようがないが。
今やっている『エックス』とかに足りないのは、たぶんそういう部分なのだろうが、同時にそれは、小さなカスタマーたちには必要とされていない。