<< 妄想 2010/01/21 | main | 妄想 2010/01/24 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2010/01/22
声だけでメシが食えるよ。

ぼくがケーブルテレビで「フーディーズTV」という料理&紀行番組専門のチャンネルをよく観るという話は以前したと思う。特にイギリスの料理人ジェイミー・オリバーに注目しているという話もした。
ジェイミーの番組は、吹き替えや字幕でしゃべっている内容が面白いので、ついつい観てしまう面も確かにあるのだが、チェックしている一番の理由は、イギリス人がふだんどういうものを食べているのかを知りたかったからである。ここで得た知識は、ずいぶんと『彼女は戦争妖精』にフィードバックされている。

でまあ、そういう目的で、この1月からあらたにチェックし始めた番組が、『ナイジェラの気軽にクッキング』である。
これは、ナイジェラ・ローソンというイギリスの女性料理人が、気取らず簡単でヘルシーな料理を紹介するという番組で、このナイジェラさん、どうやら向こうではこれまた人気者らしい(ウソかホントか、アメリカのマーサ・スチュアート、イギリスのナイジェラ・ローソンと並び称されているという)。
確かにこれで人気が出ないわけがない。日本の料理人にはいないタイプだ。判りやすくいうなら、杉本彩の肉体を持った栗原はるみ――要するに、すげえグラマーなブルネットの美女なのである。単に外見だけで判断するならナイジェラ圧勝、マーサ秒殺。
何しろ年末からさかんに流している番宣のナレーションでも、「セクシーで豊満なナイジェラが作る〜」などと真面目にいっている(ついでにいうと、時々番組に登場するナイジェラのママ友も、パツキン美女だったりする)。

とはいえ、おそらく彼女が支持されている理由はその容姿だけではない。美人でグラマーなことに加えて、料理がうまく、それによってビジネス的に成功し、しかもプライベートではよき妻、よき母であるという点が、男性だけでなく広く女性にも支持されるゆえんなのだろう。ああいう女性になりたいわ、的な。

もっとも、ぼくがナイジェラの番組を観る理由は単純明快である。この人の作る料理がジェイミーよりも豪快で(ジェイミーのほうが繊細に思える……)、何より、アフレコで声を当てているのが土井美香だからである。