<< 現実 2005/05/02 | main | 妄想 2005/05/13 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2005/05/12
ゴールデンウィークが終わった。
といっても、自宅作業がほとんどの作家にはそもそも休日という概念がないので、世間のみなさまが10連休しようが20連休しようが、実をいえば、ぼくにはあまり関係ない。
ただ、3名いるウチの家族構成員のうち、ぼく以外の2名は、普段は学校なり会社なりに行っている人種であって、そういう意味ではゴールデンウィークというものが大きく関係してくる。おもに遊ぶ方面でだけど。

しかし、あいにくと今年のゴールデンウィークは、ただ呑気に遊んでいればいいというわけではなかった。
相変わらずネムネムとリムリムの間がぎくしゃくとしていたからだ。

そんな連休中のある日のこと。
ネムネムの十年来の知り合いの某夫妻が小金井公園でバーベキューをするというので、3人ともそれに招かれた。
ぼくが直接的にも間接的にも仕事関係でお世話になっているかたがた、あるいはここのサイトを作ってくれたムシカゴさんや、『KOF2001』のノベライズをやった時にデザインをお願いした舞福さん(仮名)など、結果的に20人以上が集まって、肉をがつがつ、酒をごくごくと健康的に盛り上がった。

そこで、ウチの現状について、みんなからいろいろと心配されてしまった。
ウチが特殊な家庭環境にあるということは、集まったみなさんの多くがすでに知っている。だから余計に、ネム&リムのことを心配してくださるのだろう。
「それで結局、どうなってるんですか?」
「ホントに大丈夫なの?」
「ええ、まあ、最近は小康状態をたもっているというか……」
明るい太陽の下、真ッ昼間からビールだのワインだの飲みながら、ぼくはそうやって受け答えしている自分をちょっとダメな人間だと思った。
考えてみれば、ああいった私生活を輪切りにしたようなブログを読んで、「へ〜」といっていられるのは、それはぼくらとまったく無関係な人間だけで、少なからずかかわりのある人なら、普通は心配してしまうものだろう。
だからぼくが、何の気なしにああいうことを書いてしまって、それで多くの知人に心配をかけてしまったのは、まったくマズいことだった。
なので、ぼくはいった。
「あ、でもですね、逆にいうと、ああやってネット上にアップできるってことは、ウチ的にはまだその程度だってことですよ。文面から伝わってくるほど深刻なわけじゃないんです」
「そうなの?」
「マジで深刻な状況になってたら、かえってあんなとこには書けませんて」
ということで、こうしてブログに書けるうちは、実際にはどうってことはないのです――と説明して、ぼくは誰かが持ってきてくれた白ワインをがぶりと飲んだ。

ふと見ると、リムリムは大喜びでマシュマロを焼いている
虫歯があるくせに、ああいうものを食べたがるのはガキの証拠だ。
おまけに、二日酔いの舞福さん(仮名)にまで焼きマシュマロを勧めている。
リムリムは舞福さん(仮名)が大のお気に入りなのである。

「それよりもね、今はもっと心配なことがあるんですよ」
リムリムから視線を逸らし、ぼくは豚トロを食べつつ溜息をついた。


以下、あすへ続く。