<< 妄想 2005/05/12 | main | 妄想 2005/05/18 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2005/05/13
きのうの続き。

最近になって判ったことだが、リムリムはかなり目が悪い
ここ1年で、急激に視力が落ちてきているのが、つい先日判明した。
ぼくは高校時代から目が悪くなり始めたが、作家になってからのここ10年ほどは、視力そのものは落ちていない。作家になった頃に作ったメガネと、2年ほど前にネムネムが誕生日のプレゼントにくれたメガネは、まったく度が同じだ。
しかしリムリムは、たった1年で、そのぼくよりも目が悪くなってしまった。
去年は左右とも1.5くらいだったはずなのに、先日測ったら0.030.6といったか、確かそのくらいまで一気に落ちたというので、ぼくもネムネムも、さすがに心配になった。
「え? どうして? 原因は?」
「それがよく判らなくて……」
みんなにはそういったが、実は心当たりがないわけではない。
「この1年で〜」ということは、「ぼくたち3人が同居を始めてからの1年間で〜」ということでもある。だから、もしかすると、リムリムの極端な視力低下には、ぼくに責任があるのかもしれない。
たとえば、ぼくの料理を食べるようになって食生活が大きく変わったこととか、ぼくの影響でゲームをする時間が増えたこととか、思い当たることはいくつかある。
だから余計に心配なのだ。
このままでは、ぼくのせいでリムリムがメガネっ娘になってしまう。
リムリムはなかなか凛々しい女の子で、どちらかというと正義感が強く、眉毛がくっきりと太い。もしこれでメガネをかけておデコを出す髪形に変え、「〜ではないか」みたいなカタい口調にあらためさせれば、いかにも委員長っぽいキャラの完成なのだが、リアルでそんなもの見たくはない。
実際、リムリムの顔にはメガネは似合わないだろうとぼくは思っている。

バーベキューの帰り、バスの中でリムリムがぼくにいった。
「わたし、メガネにしたら絶対にバカにされるよ。似合わないって」
「誰に?」
「Kくん」
「ああ、クラスで一番可愛い例の美少年か」
「どうせメガネかけなきゃならないんだったらさー、うれうれとかリムリムがかけてるようなのがいいなー。フレームは赤でさー」
おおお、神よ……! この恐れを知らぬ小娘を赦したまえ!
ぼくとネムネムが使っているメガネは、ネムネムが選んだアラン・ミクリというデザイナーのもので、フレームだけでもネオジオ本体が余裕で買えるくらいの値段はする。判りづらいたとえで申し訳ないが、要するに、安くはない。
それをこの子は「アレがいいなー」などと呑気なことをいっている。誰がメガネを買う金を出すと思っているのだろうか、彼女は?
「ねー、うれうれ、どうしてコブシ握ってんの?」
「……いや、別に。いいからきみは、窓の外の星空を見ていなさい。ぼくのイトコのおにいちゃんは、それで視力を回復したそうだ」
「はーい」

後日、眼科で詳しく診察してもらったところ、リムリムの視力低下は神経性のものだということが判った。難しいことは判らないが、精神的なストレスのために視力が落ち込むもので、リムリムのような性格の子にはしばしば見られる症状なのだそうだ。
そのストレスを取り除いてやることができれば、完全にではないが、ある程度は視力も回復するらしい。だから今は、メガネはかけずに、しばらく経過を見ようということになった。
「何だかさー……」
「うん……」
リムリムのストレスの原因が何なのか判る気がして、ぼくとネムネムは顔を見合わせて溜息をついた。
これからは、なるたけ家庭内での衝突を減らさなければ。

そう決意したぼくたちが、このところ家でどんなすごし方をしているかといえば。
「ヘイ、パピー! これでディスクドッグ大会15連覇だぜ!」「わんわん!」
「わんさ! こっち来て、わんさ! んー、ホントかわいいっ!」「ひゃんひゃん!」
「ラッキー! ああっ、またゴミ拾って食べてるし!」「きゃんきゃん!」

心配してくれたみなさん。
『nintendogs』は楽しいですよ?