<< 妄想 2005/09/14 | main | 『Mi:2』日記02 2005/09/17 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
『Mi:2』日記01 2005/09/16
判らない人にはさっぱり判らない話。おもにSNKファン向け。

きょうは東京ゲームショウ2005の初日、ビジネスデーである。
ビジネスデーというのは、おもに業者人やマスコミ向けの展示をする日であって、翌日&翌々日のファミリーデーとは違い、一般客お断りが原則である。
『KOF』シリーズのノベライズをやっていた関係で、ぼくは以前から、ビジネスデーを選んでちょくちょくゲームショウに行っていた。
そして、ノベライズをやらなくなった今でも、千里を遠しとせずに幕張までよく出かけている。

というわけで、今年のゲームショウ。
Xbox360、プレイステーション3、それにRevorutionと、年末から来年にかけてまたもや次世代ゲーム機が続々登場するとあって、今年はビジネスデーからかなりの人出だった。
ぼく個人としても、『DOA4』やら『PSU』やら『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』やら、あるいはコーエーの次世代機向けの新作やら、見たいものはいろいろとあったのだが、きょうの一番のお目当てはSNKプレイモアのブースである。
今年のSNKブースでは、据え置き機用のタイトルが多数出展されていたが、発売ずみのものも発売前のものも含めて、そのほとんどが実際に遊べる状態になっていた。
たとえば、現在アーケードで絶賛稼働中の『ネオジオバトルコロシアム』や、おととい稼動が開始したばかりの『サムライスピリッツ天下一剣客伝』のPS2版も、実際にPS2で動いているものが展示されていて、ぼくもちょこちょこと遊ばせてもらった。
そんな中、唯一映像のみでの出展となっているのが、来春発売予定の『KOF MAXIMUM IMPACT 2』である(以下『Mi:2』)。
クールでスタイリッシュなポリゴンイケメンたちによるスピーディな対戦格闘ゲームの続編が、昨年のショウでの第一報から丸1年をへて、ついに明らかにされるのだ! これは『KOF』ファンならば何をおいても見ておかねばなるまい――と、ステージ前の席を確保するぼく。

ところが、大スクリーンで『Mi:2』のムービーが紹介されたのに続いておこなわれたプレスカンファレンスで、壇上に上がった『Mi:2』のプロデューサーのFALCOON氏が、ステージ下にいるぼくのほうをちらちら見ながら、司会進行のおねえさんの質問に答えていうではないか。
「前作はストーリーがあんまりなかったもんですから、今回の『Mi:2』のシナリオはですね、ずっと『KOF』の小説を書いてた嬉野さんて人にお願いしてるんですよ」

……ずるい。
ぼくにはずっと「まだバラさないでくださいよ」って口止めしてたくせに、そんなにあっさりとバラしちゃうなんて!
だったらぼくも書いてやる! 書いてやるとも!

とまあそんなわけで、ぼくは『KOF MAXIMUM IMPACT 2』というゲームの仕事をしている。これまで「やってるぞー!」と大声でいいたくていいたくて仕方なかったのを、1年以上(!)も口をつぐんできたのだが、きょうでそれも解禁になったということで、これから少しずつ、裏話なんかを(もちろん当たり障りのない範囲で)ここに書いていこうと思う。

これも一種の宣伝活動ということで、とりあえず……あしたあたりからかな?