<< ろっく・ゆー | main | 妄想 2005/05/28 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2005/05/24
かちゃかちゃする

というのは、ウチでは、「格闘ゲームをプレイする」ことを意味する。
リムリムやネムネムには、普通のアクションゲームと対戦格闘ゲームの区別があまりつかないらしく、ただ、ぼくがジョイスティックで遊んでいれば、漠然と対戦格闘なのだと判断しているようだ。
かちゃかちゃというのは、要するに、ジョイスティックで激しい操作をしている時に出る音のことなのである。
特に最近は、PS2用のネオジオスティック2というジョイスティックを買ったので、余計にそのかちゃかちゃ音がすごい。これはすごくかちゃかちゃいうジョイスティックで、以前、某ひむかいゆうじくんが電話越しに、「何だかヘンな音が聞こえますよ!」と不審がったくらいにやかましい。
しかし、ネオジオ大好きのぼくはこのスティックがお気に入りで、つねにウチのリビングのPS2に接続してある。ウチでかちゃかちゃするのはぼくだけなので、事実上、ぼく専用のジョイスティックだ。

そんなある日、少女の将来を憂慮すべき問題が発覚した。
「ねー、うれうれー、かちゃかちゃしてよ、かちゃかちゃ」
リムリムがかちゃかちゃという場合、対戦格闘ゲームの中でも、特定のタイトルを意味していることが多い。Xboxなら『DOA3』、PS2なら『KOF MAXIMUM IMPACT』のどちらかだ。ただ見てるだけのくせに、2Dより3Dのほうが好みらしい。
が、Xboxはぼくの仕事部屋のモニターに接続してあるので、消去法でPS2を起動、『KOF MI』をプレイすることにする。
「…………」
にやにやしながら画面を見ているリムリム。
「……見てるだけで面白いのかね?」
「うん」
まあ、よくも悪くも『KOF』というシリーズは、「ゲーム自体ははやらないけどキャラは好き」という女性ファン層にささえられてきたところが少なくないので、見てるだけで面白いという意見もありえなくはないのだが、どうもリムリムの視点は違うような気がする。
そこでぼくは聞いてみた。
「このゲームの中で、具体的にどのキャラが好きなの? やっぱり京?」
「ううん」
「じゃ、庵?」
「ううん。人食べそうでコワいから」
「あながち間違ってないけど……それじゃアルバかソワレあたり?」
「ユリっち」
「え? テリーでもロックでもなくて、ユリ?」
「テリーよりユリ。このバンダナ巻いてるヘソ出しの。あとはメガネかけてるアテナかな」
「ど、どうして?」
「可愛いじゃん」
おおお……! この子は本当に女の子なのだろうか? 女の子が女の子キャラを好きって、そんな不健全なことがあっていいのか? 普通はカッコいい男キャラに目が行くだろう!?
そう! 普通の女の子なら、『KOF』を前にすれば、「やっぱ神灰よね〜」とか「アルソワ至上主義!」などと叫ぶのが当然! あるいは「やっぱりロックのヘソチラがなくちゃね」などといいながら……。
「うれうれ、それ、かなりかたよった考えだから」
ぼくがひとり妄想をたくましくしていると、まるでぼくの胸中を見抜いたかのように、ネムネムから教育的指導が入った。……いかんいかん、紳士たれ、うれうれ!

「それで結局、リムリムはどのキャラが一番好きなわけ? ユリちゃんが一番なの?」
と、ネムネムがあらためて尋ねるので、聞かれてもいないのに、ぼくは即座に答えた。
「お、次の相手はラルフだ! ぼくラルフ好きなんだよねー」
「ラルフって何だかアッタマ悪そうじゃない? わたしはクラークのほうが落ち着きがあって好きだけど……」
「何だとう!?」
「わたしは……うーん、コレかな」
そういって、リムリムはデモ画面を指差した。
そこに映っていたのは……。
「はっ……ハイエナ!?
ハイエナというのは、『KOF MI』に登場するチンピラで、黄緑と黄色というキテレツなカラーコーディネイトのヘンなスーツを着込んだ、ボヤッキーみたいな赤鼻のロールパンリーゼント男だ。
自分では操作できない完全なイベントキャラで、キャラとしてのインパクトはまさにマキシマムだが、コレといった見せ場があるわけでもない。どこかに画像がないかと思ってあちこち捜したが、ただの1枚も見つからなかった。ゲーム中でのあつかいもそんなカンジだ。
とにかく、カッコ悪いというより、はっきりいってキモチ悪い。『KOF2003』の新主人公アッシュがキモいとかいわれて大評判になったが、アッシュがキモカッコいいと評価されることはあっても、ハイエナがキモカッコいいといわれることは永遠にありえないだろう。
つまり、ハイエナというのはそういうキャラで、リムリムはそのハイエナが好きだという。
「ちょ、ちょっとリムリム、あんたホントにこんなのが好きなわけ!?」
さすがに動揺を隠せないネムネム。
「好きっていうか……見てると面白くて心がなごむっていうか」
「こっ、これ見てなごむって……普段どれだけ殺伐とした日常をすごしてるんだ、きみは!?」

その後、ぼくはひそかにリムリムの好きなゲームキャラベスト3を決めてみた。本人に直接聞いたわけではないが、普段の言動から以下のように勝手に予想。

第3位……イーブイ
第2位……シャドウ・ザ・ヘッジホッグ
第1位……ハイエナ

3位がポケモン、2位が黒いハリネズミ、そして1位がハイエナ(という名前のチンピラ)と続くあたりに彼女の心の深い闇を見て取ることができる。