<< 妄想 2007/08/11 | main | 妄想 2007/08/13 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/08/12
なぜ?

「ハイエナ好きのきみたちにはどうでもいい情報かもしれんが、ソワレ役の服巻さんは、確か『マクロス』シリーズが大好きなのだ」
小上がりの小さなお座敷席で、なぜか初代『マクロス』について説明しているぼく。聞き入っているのはネムネムリムリム
というか、リムリムはともかく、ネムネムはリアルタイムで観ていた世代のはずだが、なぜこうまで何も知らないのか。
「いやー、『マクロス』ってヒロインが飯島真理だってことしか知らなくて」
「ヒロインじゃねえよ」
「え? 飯島真理(=ミンメイ)がヒロインでしょ?」
ヒロインは土井美加(=早瀬少佐)だ
別にぼくは『マクロス』の熱狂的なファンというわけではないが、ここだけはゆずれない。初代『マクロス』の真のヒロインは、ワガママな小娘などではなく、ワガママな年上女なのである。
ちなみに『マクロス7』のヒロインはヒス気味のミリア市長だ。

そういうぼくの年上好きを知っているネムネムは、冷ややかな視線でじっとぼくを見ているが、『マクロス』放送当時には影も形もなかったリムリムには何もかもがちんぷんかんぷんらしい。
「わたしどっちも知らないんだけど」
「何いってるのよ、飯島真理といえば『スプーンおばさん』でしょ」
平然とそう答えたネムネム。
彼女が飯島真理という名前を知っているのは、飯島真理が『マクロス』のヒロインを演じていたからではなく、つまりは彼女が『スプーンおばさん』大好き人間だからなのである。

その後も、梅酒のソーダ割りを飲みながら、初代『マクロス』のストーリーについて説明を続けるぼく。
周りの部屋にほかのお客さんがいたら、きっとドン引きされていたに違いない。