<< 妄想 2010/10/08 | main | 妄想 2010/10/11 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2010/10/10
何となく観てしまう魔力。

ケーブルテレビをぼんやり観ていたら、『かもめ食堂』がやっていた。
確かこの映画、ネムネムが買ったDVDがウチにあるはずなのだが、どこにいったのか、さっぱり見つからない。ただ、買った直後にいっしょに観たのは確かである。
でまあ、つまりはすでに観たことがあるのだが、どうにもケーブルとかでやっていると、なぜかついつい観てしまう。作中に登場するおにぎりやシナモンロールがおいしそうだとか、トンミ・ヒルトネン(という登場人物)が面白いとか、イッタラやマリメッコといった北欧デザインを代表するブツがガンガン出てくるとか、ぼくが気に入るポイントはいくつかあるのだが、たぶん、つい観てしまう一番の理由は、特に何の盛り上がりもない淡々とした展開が、BGV代わりにちょうどいいからなのではないかという気がしてきた。
同じように何の盛り上がりもなく淡々と始まって淡々と終わるという意味では、ウォン・カーウァイ作品なんかもそうなのだが、あれはひたすら暗いほうへと向かうタイプの淡白さであって、見終わると気分が落ち込むため、さらに何かテンションを上げる作品を観ないと、そのあと生きる気力がなくなってしまう(=仕事をする気になれなくて寝てしまう)のだが、『かもめ食堂』の場合は、ほんわか明るいほうへと向かう淡白さなので、見終わったあともぐったりしない。
たぶんそこが、ついついチャンネルを合わせてしまう理由なのだろう。

「あ! 今まさに卒然と悟った! 片桐はいりって、リムリムの去年の担任の先生に似てねえ?」
「……まあ、いいたいことは判るけどね」