<< 妄想 2010/10/30 | main | 妄想 2010/11/03 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2010/11/01
しゅっしっ! ふはー。

もう11月である。
去年の吉祥寺駅前のイルミネーション点灯式を見てからもう1年たったのかと思うと驚きである。ついでにいうと、ネムネムが「明大がんばれ明大がんばれ!」と叫んでいた正月からも10か月。どこかでプッチ神父がメイド・イン・ヘブンを発動させてるとしか思えない早さで1年がすぎようとしている。

という話とはまったく無関係なのだが。
ぼくの最近の日常は、毎晩食後に薬を呑み、日曜と月曜の早朝(というか未明?)にリーガの中継を観て、海外ドラマとテレ朝系のバラエティ番組をチェックしつつ、それ以外の時間はだいたいお仕事かゲーム、となっている。
ところが、そうした単調な日々にいささか疲れたので、ここはひとつ心の癒しでも求めてみるかと、去年の夏の終わり頃に発売された『FOREVER BLUE 海の呼び声』を引っ張り出してきた。
買った直後にプレイした時は、ひと通りストーリーモードのエンディングを観たあたりでひとまず終わりにしてしまったのだが(『ポケモン』とか『ベヨネッタ』とか『Halo』があったしね)、今回はその続きから始めて、サブストーリーのコンプリートとアイテム回収率100パーセントを目指しつつ、ケルティック・ウーマンの歌声に癒されようという目論見。
がしかし、ようやく100万P貯めてネフィリムの石窟(という海底遺跡)を再開放して乗り込んでったら、時刻が真夜中だったからか、いきなりオケアノン・アーマーン(というグロ顔の超巨大ザメ)に襲撃され、癒しどころの話じゃなくなった。

まあ、ぼく(=ゲーム中のマイキャラ)は、マイナス50度の猛吹雪の南極圏でもビキニで行動できるスーパーウーマンだから、サメに襲われてもちょこっと酸素ゲージが減るだけなわけだが。