<< 妄想 2006/05/20 | main | 妄想 2006/05/24 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2006/05/22
『ドレス』と『攻殻』を連続で観るのは身体によくない。

それはともかく、『APPLE SEED』が格闘ゲームになるらしい。
正確には格闘&ガンアクション。発売はSEGAだが開発はドリームファクトリーなので、ぼく的には、今から『エアガイツ』の悪夢ふたたびというカンジでぶるぶるしているところである。

かの『エアガイツ』は……何といったらいいのか、それまでの3D格闘とは違う何かをやろうという意欲は感じたのだが、いかんせん、あまりにシステム面が取っつきにくすぎた。
当時のアーケードシーンは、『バーチャファイター3』やら『鉄拳3』やらの全盛期。
そこへスクウェア+ドリームファクトリーが投入したのが、
「操作は8方向レバーと上段攻撃ボタン+下段攻撃ボタン+必殺技ボタン+ガードボタン!」
とか、
「レバー入力で8方向に自由に走れる! でもガードボタンを押しながらでないと歩けない!」
とか、
「ガード+必殺技でジャンプ! 必殺技+上段+下段で投げ!」
とか、
「ガード中にレバー入力でステップ、ガード中にレバー入力2回で前転!」
といった、一時期のネオジオ格闘をやり込んでいた人間から見ても複雑怪奇な操作系の『エアガイツ』だった。

とにかく既存のゲームと差別化するためだけに複雑化したようなこれらの操作系を見て、100円を投入しようという気を萎えさせられたのを今も覚えている。
おそらくスタッフは、ジャンプ行動とレバー入力を切り離すことでフィールドを自由に移動できるようにし、広がりのある闘いを表現したかったのだとは思うが、わざわざこんなシステムにしなくても、もっと直感的にそういうことができるのだということは、のちに『ソウルキャリバー2』や『DEAD OR ALIVE2』が証明してしまった。

ぼく自身は、このシステムに加えてキャラクターにもとことん馴染めなかったが(『FF察戮離ャラのゲスト出演にはまったく食指が動かなかった)、さすがに今回の『APPLE SEED』は原作があるので、ダッシャー猪場だの鬼子母神陽子みたいなキテレツなキャラは登場しないだろう。せいぜい人型をしていないサイボーグが出てくるくらいで。

どのみち『APPLE SEED』の世界観で、しゃがみガードだのめくりだの必殺技だの、そんなのありえないだろうし、あとはもう、『無双』シリーズ並みのシンプルな操作系にしてくれればいうことはない。いや、ドリームファクトリー的には『クリムゾンティアーズ』か。

……それはそうと、画面写真だとブリアレオスが華麗なハイキックを繰り出してるように見えるのだが、これはぼくの目の錯覚だろうか。いったい彼らはどういう格闘をするつもりなのか。
そもそも超震動ワイヤーで何でもぶった切るようなサイボーグがわんさか出てくる世界で、ブリちゃんはともかく、デュナンがガーシムすら着てない状態で何をどうするのだろう?
格闘&ガンアクションと謳っているが、ひょっとして、近接時&弾切れ時のみパンチやキックで闘うガンアクションなんじゃないのか、これは?