<< 妄想 2007/03/09 | main | 妄想 2007/03/13 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/03/10
キリマンジャロ。

先週買ったあのチーズケーキを、ホワイトデーのお返しにさるかたにお贈りしようと思い立ち、吉祥寺へ出かけた。
1日15個のケーキを首尾よくゲットし、ヒマ潰しに街をぶらついていると、最近できたのか、初めて見る喫茶店を発見。井の頭公園近くにあるその店は、ゆったりと本を読んだり、ぼ〜っとネタを考えたり、『ポケモン』のレベル上げをしたり、そういうすごし方をするのにたいへんよさそうな――ぶっちゃけあまりお客さんの入っていない――店だった。まあ、もしかすると、オープンしたてでみんな気づいていないだけなのかもしれないが。
しかしいずれにしても、立地条件を考えれば、家族連れというのは重要なターゲットのひとつであろうはずなのに、看板のところには堂々と、

お子さま向けメニューはございません

と書いてある。
むう、男らしい。そして実際、その手のメニューはほとんど用意されていない。
もっとも、そんな店を切り盛りしているのは、脱サラしてここを始めたっぽいおじさんと、その奥さんとおぼしき女性のふたりで、味にうるさいこだわりの店にありがちな頑固なマスターという感じではなかった。

外出先で飲むお茶は9割紅茶というぼくも、あからさまにコーヒーで売っていると判る店に来てまで紅茶を注文するほどかたくなではないので、ひさびさにコーヒーを飲んでみた。
コーヒーの味のよしあしが判らないぼくは、相変わらず味覚がお子ちゃまなのだろうが、たぶん、おいしい店なんだと思う。あのまったり感はそのままで、ぜひとも潰れずに末永く営業してもらいたいものである。

その後、駅前方面に戻ろうと思って旧『いせや』本店跡の近くを歩いていたら、これもまた初めて目にする奇妙な店を発見。ぱっと見た感じは吉祥寺によくあるオシャレな雑貨屋風なのだが、よくよく見てみると、売っているものがやっぱり奇妙。
何とそこは、電球とタップの専門店(?)だったのだ。
店全体はなぜか銭湯をイメージした作りになっていて、ひのきの手桶やフルーツ牛乳を入れておくような冷蔵庫が、商品のディスプレイ兼収納場所としてうまく使われている。
そしてそこに、よくもまあこんなものを作るメーカーがあるなと感心するくらいに、カラフルで多種多様なタップがずらりと並んでいるのである。
吉祥寺には『外国家電』などの「オシャレ風家電&雑貨のお店」がすでに存在するが、ここはその手の店との住み分けを考えているのか、本当に電球&照明、それにタップに注力している。見ていてついつい用もないのにタップを買いたくなるのは事実だが、この先うまく生き延びていけるだろうか?

何はともあれ、個人的にとても面白いと感じた店ではある。