<< 妄想 2007/03/02 | main | 妄想 2007/03/05 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/03/03
いい天気。

この前『Hanako』が出た影響もあるのか、土曜の昼下がり、吉祥寺はいつもの週末より人出が多かったような気がした。
Loftに用事があるリムリムといっしょにバスで吉祥寺へ出たぼくは、勇者少女と別れてひとり街をぶらぶら。いつものお店で紅茶を買い足す以外、特にこれといった目的はなかったのだが、ま、これもまた吉祥寺での休日のすごし方としてはよくあるパターンだ。

と、いわゆる東急裏と呼ばれる通りをふらついていた時、今まで一度も通ったことのない横道にふと足を踏み入れてみる気になった。そこに焼き鳥やモツ鍋のお店があるというのは、以前から路上に並べられた看板を見て判っていたのだが、ほかにどんな店があるのか知らなかったので、まだ午後2時を回ったばかりだが、軽く散策してみることに。
――などと思っていたら、いきなり路上販売のおねえさん発見! マンションの日陰のところに小さなテーブルを出し、あまり多くない通行人に向かって「いかがですか〜」と明るい声をかけている。
売っているものは――チーズケーキだ!

ふむう……見ればまだ若いOL風のおねえさんである。吉祥寺に店をかまえることはできないが、吉祥寺人を相手に味で勝負を挑む気概はあるということか。
その意気やよし! しからばこの英国紳士風味の日本男児がその覚悟をば見てしんぜよう!
「すいませ〜ん」
チーズケーキを手売りしているおねえさんにフレンドリーに接触をこころみる30すぎのオッサン。まあ、ぼくのこの体型を見れば、向こうも「ああ、甘いものが好きなんですね」と瞬時に理解してくれるに違いない。
「いつもここで売ってるんですか?」
「はい。毎週土曜日と日曜日だけ、ここに来てるんです」
「へえ」
ほんのひとかけら試食させてもらう。むう。うまいのは何となく判ったが、もっと食わせてくれてもいいのに。
1日限定15個なんですよ」
「え」
テーブルの上にはブロックタイプのチーズケーキがいくつか置かれている。サイズは2種類あって、ひとつはDS Liteを3つかさねたくらい(我ながら判りやすいたとえだ!)、もうひとつはその倍くらいの長さがある。1日15個というと、このデカいほうを15個という意味だろうか。

ともあれ、ウチにはチーズケーキ大好き人間の勇者少女がいるので、ためしにひとつ買っていってみることにする。もちろんサイズはデカいほうだ。
「じゃあこれください」
「あ……あの、そちら3000円となっておりますが――」
「え? 3000円!?」
これ1本で3000円とは……なかなか強気な価格設定ではある。この吉祥寺には多くの喫茶店やケーキ屋さんがあって、おいしいチーズケーキを食べようと思えばいくらでも選択肢がある。それを承知の上で、あえてこの街で、この価格で挑んできたか……!
ますますもってその心意気やよし!
「じゃあこっちの小さいほうください」
「1500円になりま〜す」
なんだかんだで弱腰なぼくだが、それでも、チーズケーキに1500円の投資はかなりのものである。ぼく自身はすごくおいしいと思っていても、それをリムリムやネムネムが食べてどう思うかは判らないからだ。これでもし「○×のほうが安くておいしいじゃん」などといわれたりしたらショックがデカすぎる。

そんな不安をかかえつつ――。
さくさくした台のない、一見するとレアのようだが、はっきりとベイクドと書かれている、けれども食感はスフレっぽいというやわらかチーズケーキを慎重に持ち帰り、同じく吉祥寺で買ってきた嬉野茶とともに食後にみんなで食べてみる。

ああ、よかった。
ちゃんとリムリムが、
「ちょ〜おいしいよ!」
とバカっぽい表現で喜んでくれたよ。
さすがに全重量の75パーセントがチーズでできてるケーキはひと味違うね。