<< 妄想 2007/02/16 | main | 妄想 2007/02/19 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/02/17
ハンバーガー。

夕刻、ひと足先に外出していたリムリムと吉祥寺のLoftで合流する。
この前リムリムがぼくにお金を借りてチョコを買いあさっていたチョコ売り場は、すでにホワイトデーを見越した特設売り場に変わっていた。まったく変わり身が早い。

「ねー、何か食べて帰ろうよー」
また始まった。この勇者少女は何かにつけてそんなことをいう。そしてこの手の尻尾の部分には、
「ねー、何か食べて帰ろうよー(うれうれのお金でさー)」
というフレーズが隠されている。
まあ、いい年をした大人の男が年端も行かぬ少女にメシをおごらせるというのもカッコ悪い話なので、ぼくが払うことには異存はないのだが、ぼくが納得いかないのは、払うのはぼくなのにつねに自分の好みを最優先にしようとする点だ。
なので、きょうもリムリムは、
「この前と同じ店でいいんじゃないの〜」
などとエビイカぷりぷり春巻を食べる気まんまん。
もちろんぼくはその意見を却下し、「Village Vanguard Dinar」へリベンジに向かった。

しばらく来ていなかった間に、吉祥寺店はメニューが総取っ替えになっていて、ぼくのお気に入りだったダブルダブルチーズバーガーはなくなってしまった。仕方がないので、オランダ産のゴーダチーズのとろ〜り感がたまらないと評判の、トリプルダッチバーガーをオーダーする。やはりダブルよりトリプルだ。
一方、どこへ行っても毎回同じようなものばかり注文するリムリムは、ここでも冒険はせず、オーソドックスなチーズバーガーを注文。

「おいしいねー」
いかにもアメリカンなサイズに手を焼き、先に具のレタスだけを引きずり出して食べたあと、おもむろにハンバーガーにかじりつくリムリム。アメリカンバーガーはあの厚いのを両手で潰して強引にかじるのがマナー(?)だというのに、この少女はいまさら何をカッコつけているのか。

そんなリムリムは、親の教育方針だか何だかで、生まれてこのかたマクドナルドのハンバーガーを食べたことがないという。