<< 妄想 2007/02/07 | main | 妄想 2007/02/10 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/02/09
リムリム=CMに出ていたYMOを見ておじいさんといった無礼者。

確かにぼくも小学生の頃、YMOを見て、
ライディーンのうたはこんなのじゃない!
と、理不尽な怒りを爆発させていたが。

夕刻、リムリムとともに自宅近くのバス停でバスを降りたら、そこは女子高生たちの群れでスゴいことになっていた。
「え? 何かあったの?」
「時期的に見て、そこの女子大の入試だろうな」
ぼくの見立て通り、近所の女子大の正門のところには、きょうが入試だということをしめす立て看板が出ていた。
「わたしもここに通えると楽でいいんだけどなー」
「そういえば、きのうだかおととい、テストがあったとかいっていたようだが、手応えはどうだったのかね?」
「んー、国語は満点だったと思うんだけどさー」
勇者少女の口ぶりでは、ほかの教科のテストは満点ではなかったが、どこが間違っていたかを自分でも理解しているのでOKじゃね? というスタンスらしい。
本当にいいのか?

「やったー! これであとはデンジさんだけだ! わたしがんばってるぅ〜!」
夕食後、『ポケモン』に興じるリムリム。7番目のジムリーダーを撃破し、うらやましいぐらいにストレートに自画自賛しているが、本当はジムのギミックに引っかかって先に進めず半泣きになっていたのを、ぼくに代わりにやってもらってどうにかリーダーのところにたどり着いたわけだから、自分をほめるより先にまずぼくをほめるべきだ。

リムリムには、学力以前に、ちょっとそういう細かな気配りが足りていない。