<< 妄想 2011/07/23 | main | 妄想 2011/07/25 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2011/07/24
昼すぎに目が醒めた。

きのうのひとりオールナイト。
1本目は『実写版 忍たま乱太郎』。昨年の『十三人の刺客』の流れからの三池映画。古田新太のしゃもじツッコミに、三池映画ならではの暴力性の発露を見た気がする。
それはまあともかく、みんなちょろりちょろりとしか出番がないにしても、あれだけのキャストを引っ張ってきたというのはすごい。浦沢脚本もよかったし。

ちなみに、1本目と2本目の間に1時間の間があったので、大急ぎでごはんを食べようと思って、バルト9のすぐ下のレストランフロアでロシア料理のお店に入った。
が、たびたび「カフェロシア」でごはんを食べているぼくとしては、ビーツ感が足りないここのボルシチは、ホントにただのトマトスープにしか思えず、やや失望した。

心機一転、2本目は『ゲキシネ 薔薇とサムライ』。ゲキシネというのは、要するに、劇団☆新感線のお芝居をいいカメラで撮影して編集して劇場にかけるというものである。DVD版とどう違うのかよく判らないが、ともあれそういうものである。
で、『薔薇とサムライ』は、北大路欣也とかを客演に呼んだ『五右衛門ロック』の続編(スピンオフ?)。天海祐希をヒロインに迎えて『ベルばら』ばりの衣装で大立ち回り&熱唱させるという、観る前からニヤニヤせずにはいられない作品だった。
これがまあ、もとが新感線の舞台だけあって、途中に休憩が入ってトータル3時間半というおかしな上映時間になっていたため、観終わった時点で23時をすぎていた。

あと2本……。