<< 妄想 2012/02/22 | main | 妄想 2012/02/25 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
ポケモン暴走日記 2012/02/23
試合には勝った。

ついでにいうなら、直接のライバルだったシリアがバーレーンに敗れたので、日本がふたたび単独首位に。次の最終戦、バーレーンに勝つか引き分けでオリンピック出場決定だそうだ。

それはそうと、今週のアニポケ。ひさびさに血が湧いた(悪い意味で)。
今回のゲストはフキヨセジムのフウロ。原作のほうでは、スレンダーなカミツレさんと並んで高い人気をほこる、むっちり系美少女ジムリーダーである。
ところが、これまでにもたびたびやらかしてきたアニメスタッフが、ここでまた悪癖を炸裂させた。
このフウロ、ひこうポケモン使いだということとかけているのだろうが、エアバトルと称し、実際にポケモンを戦わせることなく、おたがいの手持ちを見せ合っただけで脳内シミュレーションし、どちらが勝ったかを決めるのである。
「相性を考えれば、実際にバトルしなくてもどっちが勝つかはすぐに判る。だから汗臭いバトルを実際にやる必要はない」
などと平然とうそぶく小娘に、どう考えてもジムリーダーの資格はない。
もちろんこれまでにも、ジムリ失格といわざるをえないキャラはいた。すぐにジムを改装するタケシの家族とか、ジム戦自体を放棄していたデンジとか。でも、タケシの家族のアレはネタとして描かれていて、サトシとのジムバトルそのものは真剣勝負だった(ニビジムがおかしくなったのはタケシがいなくなったあとだしな)。それにデンジも、トレーナーとのバトルにやり甲斐を見いだせなくなったがゆえの燃え尽き症候群で、決して性格が悪かったわけではない。
ところが今回のフウロは、汗臭いバトルは時代遅れで、とにかくわたしは強いし、戦わなくたって判るから戦わないんだ、などと思い上がったことばかり抜かし、挑戦者とそのポケモンの資質を見極めるというジムリの存在意義そのものを軽視しているとしか思えない。
オリジナルのキャラではなく、フウロという原作の人気キャラをこんなイヤなヤツにされたことにも腹が立ったが、さらにムカついたのは、当然のようにその態度をあらためようとして挑戦したデントが、この小娘にさっくり負けて「すべて想定内よ」などといわせたことである。
あくまでジム戦はサトシが主役とはいえ、その前座としてデントにやられ役を回すとは……。

アニメの『BW』は、登場するトレーナーに性格が悪い連中が多くて腹が立つケースがたびたびあるが、今回は久しぶりにムカついた。
今のスタッフは原作のキャラに何か恨みでもあるのか?