<< 妄想 2007/01/14 | main | 妄想 2007/01/16 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/01/15
新感線はおととしの『吉原御免状』以来、染五郎は去年の『決闘!高田馬場』以来。

きょうは新橋演舞場に『朧の森に棲む鬼』を観にいった。
『Cat in the Red Boots』や『メタルマクベス』を観ていないので、『吉原御免状』以来の、かなり久しぶりの劇団☆新感線ということになる。
その『吉原御免状』の時に、「原作つきだからそう感じるのかな?」と思っていた違和感は、今回の舞台の鑑賞後にも残っていた。パンフレットを読めば書いてあるのだが、いのうえ歌舞伎は『吉原御免状』からあらたなステージに入ったのだそうだ。確かにこれまでのものとテイストが違う。
まあ、観るほうとしては、面白ければそれでいい。
かつての作品群のように、派手な立ち回りと歌と笑いどころをちりばめた勧善懲悪モノも好きだが、こういう、笑いを抑えたダークなトーンの作品も個人的には大好きだ。
ネタバレはしたくないので詳しく書くことは避けるが、これはたぶん、染五郎の悪役っぷりをただただ堪能していればいいのではなかろうか。

今回のチケットは、お弁当つきのちょっといい席を取った。第1幕と第2幕の間に、その席のチケットの半券を持って演舞場の地下のラウンジに行くと、そこでゆっくりと松花堂弁当を食べられるのである。
季節に合わせたのか、おせち風のおかずが綺麗に盛りつけられていて、量も充分、味のほうもさすがにおいしかった。

「ところで、どうしてまたお弁当つきのシートにしたわけ?」
とは同行したネムネムの質問。
「いや、一度でいいから芝居の合間にこういうお弁当を食べてみたかったんで」
なるほど、幕間にこうしてかしこまったお弁当を食べていると、なんだか観劇しにきたという気分が高まるような気がする。

買いそびれていたDVDも買えたし、満足満足。