<< 妄想 2007/01/12 | main | 妄想 2007/01/14 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/01/13
スーパーエッシャー展を観に渋谷へ。

109の脇をてくてく歩いてBunkamuraへ向かっていると、ふと『JSR』を思い出した。
ああ、あのゲームは面白かったなあ。スペイン坂(とおぼしいせまい坂)の階段をガタゴトと駆け降り、道玄坂(とおぼしい坂)を駆け抜け、ラブショッカーズにスプレーを吹きまくっていたっけ……。
――などとノスタルジーにひたりつつ、Bunkamuraザ・ミュージアムへ着いてみると、

ただいまの待ち時間
チケットのあるかた:90分
チケットのないかた:120分


キョオオォオォォォーッ!
何なんだこの混みようは!? やはりきょうが最終日だということが響いているのか?
だが、こちらもきょう観なければ次にいつまた東京にエッシャー展がやってくるか判らないし、所用あって来られなかったネムネムのためにも、最低でも作品カタログだけは確保しなければならないッ!
ぼくは意を決して軽い食事を取り、トイレをすませ、万全の体制で入場待ちの列に並んだ。
たかが2時間程度、マイポケモンのレベル上げでもしていればあっという間にすぎるに決まっている。そう、たかが2時間くらい……。

さっ……さ、寒いいぃ、寒いいいっっ!?

あそこに行ったことがあるかたならお判りだろうが、オシャレ建築物のBunkamuraは、建物の真ん中にずどんと1本、上から下までぶち抜きの吹き抜けがあって、その吹き抜けに面したバルコニー状の回廊の周囲に、映画館や劇場、美術館などが配置された構造になっている。
そして、入場待ちの列は、地下1階にあるザ・ミュージアムの入り口前からその回廊に沿ってフロアをほぼ1周し、階段を通って地上3階に上がったあと、さらに回廊沿いにオーチャードホールの外にまで続いていた。
要するに、ここで2時間並ぶということは、暖房のない屋外に2時間立ちっぱなしで並ぶということにひとしいのだ!
「うううううう」
唐沢なをきのマンガの不幸な主人公のように、ガチガチ震えながら2時間待たされたあと、ぼくはようやくザ・ミュージアムに入場することができた。

展覧会そのものは、人が多すぎてやや萎えたことを除けば、とてもよい感じだった。
鑑賞後、ぼくはミュージアムショップでスーパーBOXを買った。これは今回のエッシャー展の作品カタログとDVD、それにあのヘンな虫っぽい生き物のフィギュアをセットにしたシリアルナンバー入りのBOXで、エッシャーの没年にちなみ、1972個だけ用意されたものだ。
「すいません、BOXください」
何の気なしにぼくがBOXをひとつ買い求めると、すぐ隣でエッシャーグッズを物色していた女の人が、少し慌てたように売り場のお姉さんに、
「ああっ!? さ、さっきわたしが取り置きを頼んだぶんはありますよね!?」
「はい、こちらにご用意してあります。これでスーパーBOXすべて完売です」
あっ、危なかった……! どうやらぼくは最後から2つ目のBOXをゲットしたようだ。家に帰って確認してみたら、確かにシリアルが「1971/1972」と記されていた。

トータルで4、5時間も立たされっぱなしだったが、ま、有意義な1日だった。