<< 妄想 2007/11/04 | main | 妄想 2007/11/07 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/11/05
お仕事中。

ここ数日、『世界樹の迷宮』の著者校と、『虎は躍り龍は微笑む』の執筆を平行してやっている。
今月は『真・三國無双5』がリリースされるので、できれば月の後半はゆっくりゲームに打ち興じたいと思っているのだが、そのためにはまず目の前の仕事を片づけなければならない。
そんな多忙な日々の疲れを手っ取り早く癒すには、やはりお風呂である。
子供の頃はそんなに風呂好きではなかった気がするのだが、慢性的に肩凝りに悩まされる商売をしていると、お湯につかって「ふぃ〜……」などと気分をリフレッシュすることも必要になってくる。

ということで、こんなものを買ってみた。

ベル薔薇族

『ベルサイユのばら』入浴剤。全4種(下に広げられているのは『世界樹』のゲラ)。
左から順に、

○とろみの湯:ジェローデル[魅惑の貴公子]
○多汗の湯:アラン・ド・ソワソン[熱く燃える戦士]
○潤いの湯:アンドレ・グランディエ[永遠のボディーガード]
○タラソの湯:ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン[気高き愛の伯爵]


だそうである。ちなみに、後ろにくっついているのは各人のキャッチコピーらしい。
アンドレ、フェルゼン、ジェローデルまではいいとして、なぜここにキートン山田、もといアランが混じっているのかがよく判らない。たぶん、劇中に登場する美男子たちをフィーチャーしたラインナップにしたかったのだとは思うのだが、なぜアランなのか。サン・ジュストくんではいけなかったのか?
まあ、サン・ジュストの場合、キャッチコピーは否応なく「死の大天使」になるだろうから、入浴剤のイメージとしてはふさわしくないかもしれないが。

ところで、なぜ肝心のオスカルやアントワネットがいないのかというと、彼女たちはすでにコスメのほうでフィーチャーされているからであろう。

○オスカルロングマスカラ
○マリー・アントワネットボリュームマスカラ
○レディオスカルリキッドライナー


これらの商品で、本当に池田理代子的なまつげが手に入るのかどうかはぼくは知らない。