<< 妄想 2012/08/15 | main | 妄想 2012/08/18 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2012/08/16
ほっとひと安心。

きょうは朝からネム公といっしょに医者に行った。ふたりで検査結果を聞きにいかなきゃならんような深刻な事態になるかと思ったら何でもなかったぜ、というオチ。
ということで、新宿ピカデリーの「MUJI CAFÉ」で少し早めのランチを食べたあと、『ポケモン』を観る。ネム公的には、ひさびさに大画面でグレッグルを観られたことと、マッギョがそれなりに活躍したことで充分満足したに違いない。
ぼくはといえば、15周年記念だか何だか知らないが、昔のように2本立てにして本編の尺を短くするくらいなら、やっぱりあの子供向け短編は不要だと再確認。たぶんその尺のせいだと思うのだが、本編のほうが何だかよくない意味でぎゅっと詰まっていたような気がする。
せっかくいろんなものがあるハイテク都市を舞台にしたのに、キュレムとフリージオに追いかけられる夜のシーンばかりで、ここがどういう街なのか、どういう人たちが住んでいるのか、ロクに描かれもしない。何しろこの街の住人でまともなセリフがあったのはジョーイさんだけだったしな。
ただ、わけの判らんキャラに実力のビミョーなゲスト声優を当てられてサムい空気にならずにすんだという意味では、功罪なかばするといえるかもしれない。
何といっても、今回のエピソードは明らかにケルディオが主人公、ケルディオの成長物語なのである。そう思えば、人間ゲストがローラ(マリン?)しかいなかったのも特に腹は立たない。
劇場版のたびに伝ポケしか活躍せずに歯がゆい思いをしてきたが、今回はサトシたちの手持ちポケモンにもたっぷり見せ場があったし、何よりぼくが一番嫌いな、「○○〜! もうやめてくれー!」とサトシたちが伝ポケに懇願するパターンじゃないだけでもう……。

でも、キュレムと聖剣士たちの関係がよく判らなかったのはなあ……おそらく自分たちの強さを客観的に把握するために、彼らは定期的にキュレムと戦ってきたんだとは思うのだが、彼らの間に取り交わされているであろう約束ごとも、キュレム=かならずしも悪ではないという構図も、幼稚園児には理解不能だろ。