<< 妄想 2007/11/22 | main | 妄想 2007/11/26 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2007/11/25
『虎は躍り〜』の著者校中。

ぼくが『真・三國無双5』をやっているからか、それとも「夏侯惇のどこがいいの?」と発言してネムネムに「『三国志』も読んだことのない人間がでかい口を叩くな!」と一喝されたからかは不明だが、リムリムが唐突に、
「わたしも『三国志』読むよ!」
と主張し、速攻で図書館から借りてきた。

ところが、ふと気づくと、なぜかリムリムは『三国志』ではなく『封神演義』を読んでいる。ジャンプマンガのアレではなく、小説のほうのだ。なぜそんなものを借りてきたのだろう?
しかもこの少女、上巻が貸し出し中だったという理由で、いきなり中巻から読んでいるのである。何ということだろう、これでは封神演義の何が封神か判らないではないか!
にもかかわらず、リムリムは「面白いよ、これ!」などといっている。

まあ、せいぜいがんばっていただきたい。
にわか中国古典かぶれが高じて『紅楼夢』までたどり着いたら見事なものである。