<< 妄想 2013/02/07 | main | 妄想 2013/02/10 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2013/02/09
わっふー!

超久々のひとりオールナイト。といっても、今回は18時すぎからのスタート&映画の合間のロスが多く、4本だけ観る予定。まあ、『ベルセルク黄金時代編掘々瀘廖戮隆袷竿如R18版)が深夜帯にしか上映しないので、それを中心にスケジュールを組んだ結果なので、自分的に不満はない。
場所はいつもの新宿バルト9。

ということで、1本目はTOEI HERO NEXT第3弾と銘打った『恋する歯車』。ゴーカイレッド&グリーン&シルバーの3人が出演する作品なのだが、実質的に、主演レッド、共演シルバー、端役グリーンといった感じ。

以下、ネタバレ。
武蔵野市のフィルムコミッションが全面協力しているらしく、吉祥寺でのロケが非常に多い。それはそれでぼくにとっては「ああ、あそこで撮ったんだあ」とニヤニヤできたのだが、半面、「あそこからここへ逃げるって不自然だろ、逆戻りでもしたのか?」みたいに、細かいことまで気になってしまった。ルー・エの前から信号渡って西友方面に逃げた直後に、SHAZBOTの向かいのゲーセンの中を逃げてたら、そりゃ位置関係がおかしいだろ。
というような、一部の観客にしか感じられない矛盾はさておくにしても、個人的には「むー?」となった作品。たとえば『相棒』でも、警察や政府がひた隠しにしているスキャンダルをめぐって事件が起こるというエピソードは多いけど、この作品の場合、そのスキャンダルがなぜかどこからかもれていて(革命家気取りのニート崩れが知っていたりする)、その拡散や社会的影響の拡大を警戒して公安部(らしき部門)が暗躍しているものの、それがわずか4名の小規模なチームでしかなく、素人たちに簡単に裏をかかれてしまったりする。
それに、政治家絡みの事件で追われている容疑者を公安のスパイに仕立てて使ってるとか、そりゃないだろうと。
何より、主人公が撃たれて死んで、黒幕のおじさんはそのまま、ヒロインはシングルマザー決定というオチは、もやもやせずにはいられない。
くらべるのが間違いだといえばそうかもしれないが、これが同じ会社の作った作品なのかと思うと、やはり「むー?」となってしまう。この作品も『相棒』も、こちらは同じ1800円出して観にいくわけだしな。
ただ、脚本的にあれっ? と引っかかることはあっても、特撮出身の若手を見せるという意味ではよかったと思う。特にシルバーはあれだ、『ゴーカイジャー』の時にもちらっと思っていたのだが、こういうムカつくイカれた悪役がとてもはまる。決してカッコいい悪役ではなく、軽くおかしい感じのチンピラが似合うというか……。
個人的にはお姫さまとか観たかったわけだが、それにしても、レッドは冒頭からちゅっちゅしすぎじゃないか?