<< 妄想 2005/11/09 | main | 『Mi:2』日記20 2005/11/11 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
『Mi:2』日記EX2 2005/11/10
某有名格ゲー情報サイトにこのブログの情報発見。

もともとこのブログで『Mi:2』日記を始めたのは、ウチのサイトが新刊&既刊情報がメインで、特定の人以外はそうそう頻繁に覗きにくることが少ないだろうから、けっこうギリギリのところまで書いてもそうは目立つまい、と考えたからだった(さすがに某こふ絡みの恨み節いきさつについては書けなかったが)。
この『Mi:2』日記の本文(?)に関しては、それこそ昨年の夏頃からこつこつと書きためておいたものを、そのつどテキトーな長さに切って掲載している。一応、ぼくがシナリオを担当していることはずっと秘密だったので、SNKのH部長には、「ゲームショウとかでぼくの名前が出たら解禁てことで、ウチのブログにこういういきさつとか書いていいですよね?」という断りは入れてあるので、無断であれこれ書いているわけではない。
冗談交じりに、「だったらSNKの公式サイトでやってくださいよ。その某こふへの思いのたけとかも含めて!」みたいなスゴいことをいわれたりもしたが、それだとSNKに対する批判がしにくいし(え?)、場合によってはSNKに迷惑をかけてしまうかも知れないし、なにより臨機応変に書き込んでいきたかったので、結局、自分のところのブログでやることにした。

ということで、さっそくここで軽いSNK批判。

スペルに注目

自社のキャラクターの名前くらい間違えないようにしてください。

ほらね

Mignon Beartの名前はさて置き、ぼくのポジションというのは、一般のファンとSNKの間の、少しSNK寄りといったあたりで、実際に頻々と大阪本社に出入りしているわけではないから、『Mi:2』の設定面はすべて把握しているにしても、ゲームの中身についてはそうではない。
たとえばスーパーキャンセルやさばきといった新システムが搭載されること自体、ぼくはゲームショウの当日、SNKブースで配布されていたパンフレットを見て知ったくらいなのだ。
舞にあんな新技が追加されていたことも、クーラにあんなコスが用意されていたことも、隠しであんなステージが用意されていることも、従来のミッションモードに加えてあらたなやりこみ要素が追加されていることも、そしてマーズピープルが参戦できなかったことも(これは断言!)、そのほとんどは、ぼくもα版を遊ぶまで知らされていなかった。
いわば今のぼくは、超フラゲのできる一ファン、みたいな立場なのである。

というわけで。
結局ぼくが何をいいたいのかといえば、ここはあくまでSNKの公式サイトではなく、SNKと契約して仕事をしている一個人のサイトであり、ここで書かれていることがすべて真実だという保証はない、ということだ(別にぼくだってここでウソを書くつもりはないが)。
以前ぼくが書いた、「クラークがラスボスより強い」という記事ひとつを見ても、それはあくまでα版をプレイしたぼく視点での話だし、製品版でもそのような調整になるかどうかは判らない。最近は、スタイリッシュアートから必殺技→SCシャインナックルまで決めてくるロックが手強いとも思うし、作業的なコンボを繰り返していると、そのうち平気で下段さばきを高確率で決めてくるようになるという点では、どのCPUキャラも確実に強くなっていると思う。

だからとにかく、ここで書かれていることは、わりと公式に近いけどホントかウソかは判らない――そう、いわばユサ日記! いつもフライング気味の胡散臭い情報を発信し続けているユサ日記、アレのようなものだと思ってもらっていたほうがいい。

そういうことなので、次回からこの手の書き込みは、「『Mi:2』日記EX」ではなく、「ウレユサ日記」に変更することにする。
個人的に、「〜EX」とつくのは居心地が悪いのである。