<< 妄想 2013/05/16 | main | 妄想 2013/05/19 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2013/05/18
きのうは不死身ドラグーンブック(仮)の編集さんと打ち合わせ。

といいつつ、メシ食いながら簡単に次の本のスケジュール確認をしただけなのだが、ま、それはそれ。
きょうは朝から新宿に出向き、映画を観てきた。
1本目は正式タイトルが長いので略すが、要するに『スーパーヒーロー大戦Z』。
一部ネタバレになりかねないので折りたたんでおく。
大ショッカー、スーパーショッカーときてスペースショッカーまでやらかしたわけだから、この手のクロスオーバーはこのへんでしばらく打ち止めにしてはどうか。
もちろん、こういう手法を使えば、すでに放送が終了した作品の関連商品(ぶっちゃけレンジャーキーとか)がまた売れるというのは判るのだが、「こんなにたくさんのヒーローが登場します!」というインパクトは、正直いってもうない気がする。実際、今回だって歴代戦隊と歴代ライダーが全員出てるわけじゃないしな。
現役戦隊と先代戦隊、現役ライダーと新人ライダーという組み合わせの映画は、スムーズな交代劇&それぞれきちんとしたキャストを揃えられるからまだいいと思うのだが、今回みたいに数代前のライダーとか連れてきても、もう中の人は出てくれない(もしくは出せない)から、「えっ!? おまえ誰だ!? 映司くんはそんな声じゃないぞ!? 何だこのオーズ!」みたいな違和感を覚えてしまう。
何というか、単純に「ヒーローたくさん!」ならいいんだけど、そのために、大半のキャストが出番を制限されてしまうのが残念なのである。今回でいえば、変身前のブレイブどもと「面影堂」の面々がそう。結果的にこの映画は、撃と凱とヨーコが主役になっている(晴人くんさえ途中でどっか行っちゃってるしな)。ギャバンはともかく、ゴーカイシルバーとイエローバスターって、このメンツで映画やりたいなら去年やっとくべきだったろ。

……まあ、何だかんだで東映ヒーロー好きだから燃えるけど!
要するに、たくさんヒーロー出すのもいいけど、少し数を絞ってでも、なるべく生身のキャストにも出番やってくれってことを、ぼくはいいたいのである。