<< 妄想 2005/12/22 | main | ウレユサ日記・忘年会SP2 2005/12/24 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
ウレユサ日記・忘年会SP1 2005/12/23
いろいろありすぎて、『ぶつ森』のすれちがい通信するの忘れた。

ゆうべはとても濃い一夜で、よくも悪くも(悪くはないか)、ぼくにとっては非常に思い出深いものとなった。
「KOF忘年会2005」のことである。
ぶっちゃけていってしまえば、あのイベントはSNKにとっては出費しかない、いわば採算を度外視したものだ。
ただこれは、長年こふを応援してくれているファンのみなさんへの感謝の意を表したいというのがまずひとつと、来場していただいたみなさんが、それぞれお持ちの個人サイトや大型掲示板などで、このイベントについて触れてくれることにより、さらに多くのみなさんに対してこふというシリーズをアピールできるだろう――と考えた上で、出血覚悟でおこなうイベントなのである(と、抹茶ユサがスタッフ一同の前でそういっていた)。
ということで、忘年会に参加したみなさんも、がんがんレポートをアップするとよろしいのではないだろうか。
かくいうぼくも、一般参加者とはまた違った視点から、忘年会当日の出来事について語ろうと思う。

開場前。
西荻窪→新宿は約20分。遠方から駆けつけてくれるみなさんには申し訳ないが、ぼくの場合、11時に家を出て11時半すぎには新宿ピカデリーに到着していた。
やはり寒い。しかし、この寒さをものともせずやってきたますらおどもが、すでに館内の階段のところに開場待ちの列を作っていた。ありがたやありがたや。

ぼくが案内された控え室には、グラサンのダンディと白ジャケットの色男と関西弁の女性と誇り高きヤングタイガーがいた。
グラサンはアルバ役の佐藤佑暉さん、色男はソワレ役の服巻浩司さん、関西弁はナガセ役の谷藤リョーコさん、ヤングタイガーは美形会議の中の人こと小板橋敦記さんだった。ちなみに、服巻さんはこういう字を書いて「はらまき」さんとお読みする(間違っても服部半蔵×マキシマの略ではない)。

小板橋さんとは、『KOF完全読本』のCDドラマの収録の時に一度お会いしていて、熱く(暑苦しく)語り合った仲だが、声優陣のみなさんがたとはもちろん初対面だ。『Mi:2』のシナリオ担当ということでお三方にご挨拶させていただき、そのまま『Mi:2』話にもつれ込んだ。

トークショウをご覧になった人はお判りかもしれないが、佐藤さんは普段からアルバのあの淡々としたトーンで世間話をするかたであり、服巻さんはわりとソワレそのままの、本当に「女の子好きなんですよ!」と公言してはばからないかたであり、そして谷藤さんは明るく元気で青汁をものともしないお嬢さんだった(無論、ナガセのように口は悪くない)。
ちなみにヤングタイガーの中の人は、あのアンディの声がどこから出てくるのか抹茶ユサも不思議に思うようなおかただ(説明になっていない気もするが)。

そのうち、『サムライスピリッツ天下一剣客伝』の高屋プロデューサーが挨拶にきてくださって、そこでまた『サムスピ』話で盛り上がったりもしたのだが……。

……む? 妙だぞ。誰か足りなくないか? この場には当然いてしかるべきキャラがふたりほど足りない。そういえばそうだ、F氏とコスプレ課長K/! トークショウ絡みでぼくをフォローしてくれるはずのチームメイトが揃って欠場している!
そこに黒ユサの不吉な言葉が。
「いやー、ふたりともまだですねん」
「ええっ!? ファルコン号は10時には到着するはずでは!?」
「大自然のおしおきっちゅうか、まあ、さすがに雪が降るのを止めるのはムリなんで」
おおお、神よ……! 何ということか! 大阪本社から関西方面のファンのみなさんを乗せてファルコン号でやってくるはずだったF氏とコスプレ課長の到着が、折からの雪の影響で大幅に遅れているというではないか!

ぼくの出番は声優さんたちのトークショウが終わった午前3時40分。すでに開場が15分ほど押していたとはいえ、4時までには出番が来てしまう。もしそれまでにF氏が間に合わなかったら、開発者トークショウはどうなるのか!?
「それじゃ、ムービーだけ流して……」
「嬉野さん、まさかムービーだけ流してトーク部分はスッ飛ばそうとかおもてへんやろな?」
「いや、どこまでしゃべっていいのかって判断は、やっぱF氏にやってもらわないと……今はまだ規制しておかなきゃいけない情報とかあるわけだし」
「細かいことゆわんと、今夜は無礼講や、ハデにぶっちゃけたったらええねん。――な? ミニスカワンピの司会のお姉ちゃんと嬉野さんだけでやったらええやろ、な? 隣にデカユサのぬいぐるみでも置いとって。それでええやろ? っちゅうか正味の話、ワイには関係あらへんしなあ。にょほほほほ」
おおお、神よ……! この誇り高きヤングタイガーは何ということをいい出すのか! 控え室に着いた時からぼくが人知れず静かにテンパっているというのに! ぼくが全身からかもし出す、「アガリ性なのでできれば回避したい」オーラが判らんか! 空気読め!

つづく。