<< 妄想 2006/07/28 | main | 妄想 2007/01/03 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2006/07/31
コンボイ司令官の武勇伝。

小学校低学年の頃――。
1メートルある長い定規でチャンバラに興じ、男の子の額に向こう傷を刻み込んだ。
ほかの女の子をいじめる男の子を引っ掴んで押し倒し、踏みつけた。
隣の席の女の子と血がにじむほどのキャットファイトを展開した。

――そんな勇者少女リムリムを秋田に残し、ひと足先に帰京してきたぼくとネムネム。
夏休みという名の長期バカンスのある小娘と違って、ぼくやネムネムは社会人だ。ことにネムネムは、朝一の新幹線で東京に戻ってきて、昼すぎにはそのまま出社である。
そんなネムネムが、人知れず超神ネイガーのボールペンを買っていたのをぼくは知っている。

実はきのう、秋田市のアゴラ広場というところで、まさにそのネイガーのヒーローショウがおこなわれていたらしいのだが、ちょうどその頃、ぼくはネムネム&ネムネムのお友達といっしょに独特の味わいのある喫茶店でお茶を飲んでいたため、あいにくと本物のネイガーにも水木一郎にも会えなかった。
もしスケジュールを知っていたら、
「ねえ、アゴラ広場のアゴラって何?」
「えー、何だっけ?」
とかいうネムネムの郷土愛にとぼしいリアクションを粉砕し、
「じゃあ実際にそこへ行って調べてみようよ!(ニヤニヤ)」
とやっていたところだが、それはまあともかく。
万が一リムリムがネイガーと遭遇したら、おそらく彼女はコンボイどころかチータスばりの俊足でもってその場から逃げ出すに違いない。
聞けばネムネムは、保育園の頃か、あるいはもっと小さい頃だったのか、男鹿にある「なまはげ館」に連れて行かれた時、あまりの怖さに絶叫&号泣したという。
そりゃあ泣くだろう、あんなのにこんなボイス*で迫られたら。

で、結局アゴラって何?



*リンク先は「なまはげ館」のサイトだが、2006年時点では、トップページでいきなり「わりぃごはいねぃが〜」という、あのボイスがお出迎えしてくれていた。リニューアルしてすっきりしたのはいいが、ボイスがなくなって残念である。