<< 妄想 2013/08/02 | main | 妄想 2013/08/05 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2013/08/04
夏は『ポケモン』!

ということで、劇場版を観てきた。
昨年の劇場版が、「サトシがポケモンのために身体を張る展開はOK、しかし尺が短すぎて一般人がいなくてさみしい+キュレムや聖剣士の行動原理が謎」という評価だったわけだが、今回はノブコブ吉村が出ずっぱりなことと、ポケモンヒルズ(というテーマパークっぽい施設)に棲むポケモンたちがぞろぞろ現れてアリ(=ネム公いわく、ゲノセクトのことらしい)と激闘を繰り広げてくれるので、あんまりさみしい感じはしない。
また、キュレムと聖剣士の戦う理由が今ひとつ不明だった昨年と違い、今回は赤いアリが「自分たち以外は全員敵! ここはオレらの縄張りだからおまえらは消えろ!」という、いかにもムシケラっぽい行動原理が非常に判りやすく、その間に割って入って戦いを止めようとするサトシの行動も、お子さまたちには判りやすかったであろう。

「そうそう、こういうのでいいんですよ」(井之頭五郎)

昨年のは伝説系以外のポケモンはほぼ完全に蚊帳の外、サトシも5割ほど蚊帳の外で、それが今ひとつと感じた最大の理由だった(ケルディオの成長物語としてはあれでいいので、そこは評価しているけど)。
その点、今年の映画は伝説系を大安売りするわけでもなく、たくさんポケモンが出てきてサトシがサトシらしさを見せて、そういうのがよかった。欲をいえば、もっと尺を使ってゲノセクトとプラズマ団の関係、ミュウツーとサカキの関係なんかもきちんと描いた上でやってもらいたかったが、15年前の劇場版だのテレビスペシャルだのを下敷きにしたエピソードを今のお子さまたちに理解させるのもアレなので、そこは仕方のないところなのかもしれない。

それはそうと、いっしょにこれを観てきたネム公が、「……きょうの映画って、おせっかい焼き(=ミュウツー)とわがまま軍団(=ゲノセクト)がきちんと話し合ってれば、あんなトラブルにならなかったんじゃ……」と、大前提からひっくり返すようなことをほざいていた。

ああ、その通りだよ! ポケモン映画の大半はそのパターンだよ! 『DP』の頃なんかほとんどそればっかりで、人(ほかのポケモン)のいうこと聞かない伝説系に、サトシが「もうやめてくれー、○○〜!」ってずっと叫んでただろ! もう忘れたのか、おまえは!