<< 妄想 2013/12/09 | main | 妄想 2013/12/12 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2013/12/10
聞いて驚け!

何だか納得がいかないことに、リム坊はあしたからもう実質冬休みである。
今週アタマからいわゆる期末テストで、それがきょうで終了だったのだが、あしたから来週の火曜まで、テスト休み(?)という名目で学校がない。そして、来週の水曜日にテストの結果を受け取りに半ドンで登校したあと、さらに翌週の水曜の終業式までまたお休み。そのあとは真の意味での冬休みになるらしい。
何なんだ、このシステムは? 確かに彼女の学校は、たびたびあるテストの前後にテスト休みを用意していない。テスト前だからといって授業が潰れることもなければ、テスト直後に数日の休みが入ることもない。それどころか週休1日である。土曜日も学校に行かなければならないのである。


「……二学期の最後にこんなに変則的な休みをくれるんだったら、いっそ義務教育時代みたいに土曜日も休みにしてくれればいいのではないか?」
「だよねえ」
「そうすればぼくも、土曜日まで早起きしなくてすむんだが」


「テストが終わったから」というよく判らない理由で、リム坊に牛タンをごちそうさせられているぼく。まあ、ぼくも牛タンは好きだからよいのだが。

「これあげる」

と、少女は親切ごかしにぼくの皿に南蛮味噌を押しつけてくる。からいから食べられないだけの話で、決してぼくへの思いやりから出た行動ではない。