<< 妄想 2014/03/27 | main | 妄想 2014/03/29 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2014/03/28
これだけはいわせろ!

誰も興味ないと思うが、おとといの続き。
『未確認モンスターを追え!』以上にぼくが毎回冷ややかな笑みとともに観ているのが、『古代の宇宙人』というシリーズ。これはもうビリーバーのこじつけここにきわまれりという番組で、「ピラミッドは宇宙人が作ったエネルギー送信施設だった!」とか、「サタン=宇宙人だ!」とか、「ダ・ヴィンチは宇宙人から啓示を受けた!」とか、毎回そんな感じで噴飯ものの主張が繰り広げられる。
基本、「古代人にこれだけのものが作れるとは思えない! きっと宇宙人が手伝ったんだ!」という考え方がベースにあるので、毎度毎度、科学的な根拠はない。よしんばあったにせよ、たとえば壁画の上の隅っこのほうに妙な図形があったら「これはUFO!」と強弁するとか、まさにこじつけ。
で、日本語に翻訳している人のクセだとは思うのだが、登場するビリーバーの決まり文句が、「○○に宇宙人がかかわっていた可能性はないでしょうか?」。そりゃあ可能性をいえば完全なゼロとはいえないが、そんなものは悪魔の証明である。

たとえばピラミッドの回では、「ピラミッドは宇宙人の母星にエネルギーを送る送信施設である!」という主張が登場する。そう主張する根拠というのが、
「古代エジプト人があんな巨大な建築物をいくつも作るのは非常に困難。これはもう宇宙人が作ったとしか思えない」だの、「壁画に残るファラオの頭は人間とは思えないくらいに長いので、彼らはこういう頭を持つ宇宙人と接触があり、それに対するあこがれが反映されている」だの、かなり無茶苦茶。
20世紀の人類ですら石造りの発電所なんぞ建てないというのに、なぜ人類よりはるかに進んだ科学技術を持つはずの宇宙人が、エネルギー送信所を石で建てなきゃならんのか、という至極まっとうな疑問については誰も触れない。
そもそもピラミッドでエネルギーなんか作れるのか? という疑問に対しては、一応、ナイル川から引き入れた水を女王の間で振動させて……みたいなそれらしい解説をしていたが(それでそんな莫大なエネルギーが発生するかどうかは知らん。たぶん無理だろう)、そうやって生み出されたエネルギーをどうやってピラミッドの頂点から送信するのか、ということにはいっさい触れない。卑怯な番組作りである。

さらに頭が痛いのは、この番組の解説者どもがいうことをそのまま信じるなら、隕石を落として恐竜を滅亡させ、エジプトではピラミッドを作り、インダスでは核戦争の原因になり、ダ・ヴィンチに天才性をあたえ……と、主義主張も目的もバラバラな宇宙人が、数千万年前から何度も地球にやってきているらしい。
すげえ! UFO作って恒星間航行できる宇宙人がこんなに何種類もいて、みんな仲よく地球に来てんのか!

……嘘もたいがいにしろ!