<< 妄想 2014/03/29 | main | 妄想 2014/04/02 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2014/03/31
ふう。

『戦国無双4』もほぼほぼ終わり。今後追加シナリオやらが発売されればもちろん遊ぶだろうが、流浪演武でもすべての無双武将と親密になったので、さほどガッツリやる必要はあるまい。
ただ、追加シナリオにしてもそうなのだが、課金コンテンツありきでの商売にはやはり納得がいかない。
ちょっと前の無双系といえば、無駄にシリーズをかさねていることもあって(失礼)、レベル上昇にともない、プレイ中に自然と別カラー、別モデルが解放されていく作りになっていた。5、6種類、もしくはそれ以上の中から好きなモデルでプレイできるのが当たり前だったのである。
しかし今回は、PSストアで追加コンテンツを購入しなければモデル(=コスチューム)は増えない。つまり、スタンドアローンで遊んでいるユーザーは、最後まで基本モデルでしか遊べないことになる。昔はただで収録されていたものにいまさら金を払えというのか。
もちろん、すべてのコスチュームが有料なわけではない。中にはタダでダウンロードできるモデルもある。たとえば大河とコラボした黒田官兵衛のドラマ版コス(あの顔色の悪い官兵衛が、さわやかな水色のシンプルなコスにチェンジする、ある意味爆笑モノ)とか、あとは無印時代のコスチュームセットとか。
しかし、少しでも「おっ?」と思える新コスは、1着200円とかでの販売なのだ。5キャラまとめて半額になるようなセット販売もあるが、バラ売りより配信が1週間遅い。
で、少しでもお得なセット販売のほうを選んで55キャラに新規コスチュームを用意しようとすると、単純にいって約5500円かかる(全キャラに新コスがあるとすれば、だが)。ソフト単体ですでに7000円近くかかるのに、コスチュームを揃えるのにさらに5500円もかかるというのは、やはりお徳には思えない。実際にはシナリオやエディット用パーツ、BGM、名馬など、ほかにも有料コンテンツはたくさんあるのである。

かつてタダだったものが別パッケになってトータル価格が約2倍というのは……ううむ。